• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

山梨の目医者 投稿一覧

まぶたの手術と麻酔

挟瞼器(きょうけんき) 霰粒腫、眼瞼内反、良性の眼瞼腫瘍などはありふれたまぶたの病気で、外来手術で治療します。その際に挟瞼器という器具を使用します。まぶたを挟むことで出血がおさえられ、まぶたを固定できるのでとても便利です ...

続きを読む

モノビジョンによる老視対応

老視は加齢による調節力の低下です。完全な老視眼は固定焦点のカメラと同じです。裸眼でピントが合ってはっきりと見えるのは、限られた狭い範囲に限定されます。どの距離の範囲がはっきり見えるかは、正視、近視、遠視によって異なります ...

続きを読む

デマル氏開瞼鈎

眼外傷の患者さんや斜視の術翌日の子供の患者さんの診察では、まぶたが腫れたり、痛がったりで開瞼困難な患者さんの眼球の状態を観察できないことがあります。そのような場面で便利なのがデマル鈎(デマル氏開瞼鈎)です。 図のように左 ...

続きを読む

樹枝状に広がる角膜ヘルペス

単純ヘルペスウィルス(Herpes simplex virus:HSV)による角膜感染症は、HSV角膜炎または角膜ヘルペスと呼ばれ主要な角膜感染症のひとつです。感染症とはいっても他人にうつることはありません。HSVは子供 ...

続きを読む

診察用老眼鏡セット

高齢者が見えにくさを訴える主要な原因は白内障と老視です。個別の患者さんでそのどちらが主な原因かを判断するためには、[TVと新聞のどちらが見えにくいか?]と質問することを[白内障 VS 老視]https://meisha. ...

続きを読む

どちらの目が斜視?

斜視の子供を診察する時に、母親から[どちらの目が斜視ですか?]とよく尋ねられます。共同性斜視と呼ばれる子供の斜視の多くは、どちらの目が悪いということはなく、左右の目の相対的な位置の異常です。外斜視の場合、右目で目標を捉え ...

続きを読む

眼球に注射する加齢黄斑変性

大学病院には加齢黄斑変性の患者さんがよく紹介されてきます。この病気に対する一般的な治療は抗VEGF薬と呼ばれる高価な薬剤の硝子体注射です。硝子体注射は眼球、すなわち目の玉に直接針を刺す注射です。[目の注射]というだけで恐 ...

続きを読む

メガネ型ルーペ(ルーペメガネ)

老視は手元にピントを合わせる調節機能が衰える加齢現象で、スマートフォンや新聞の文字がよく見えなくなります。通常は老眼鏡(近用メガネ)や遠近両用メガネ(累進屈折力レンズ)で対応します。最近TVのCMでよくみかけるハズキルー ...

続きを読む

紹介状の視力記載

大学病院初診には紹介状が必要 大学病院は特定機能病院で、初診の患者さんがいきなりかかることはできません。他の医療機関からの紹介状が必要です。紹介状のない場合には数千円の別料金が余分にかかります。これは紹介状なしの結膜炎や ...

続きを読む

間欠性外斜視の遠視メガネ

調節性輻湊 調節は毛様体筋の働きで水晶体の厚みを増し手元にピントを合わせる反応です。輻湊(ふくそう)は両目の内直筋を収縮させ、視線を内側に寄せる「寄り目」の反応です。近くの物を両目で見るときには、調節に連動して輻湊が起こ ...

続きを読む