• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

患者さん向け

甲状腺ホルモンと甲状腺眼症

2020/8/2からスタートした本ブログは9/2まで1カ月間、毎日新しい話題を投稿してきました。2日間お休みをしましたが、今後は週に数点ずつ投稿を増やしていこうと思います。内科でバセドウ病の治療がうまくいって、ホルモンの ...

続きを読む

眼圧が高くないのに何故、緑内障?

眼科クリニックでよく聞かれる会話です。患者:[人間ドックの眼底写真で緑内障の疑いといわれました。しかしその時の眼圧は右も左も14mmHgで正常範囲だといわれました。眼圧が高くないのに緑内障ということがあるのですか?]眼科 ...

続きを読む

白内障の手術結果に満足できない原因

白内障の手術を受けたが、症状が改善しなかったと訴える原因のひとつとして、老視による近くの見えにくさを白内障のためだと誤って判断した可能性を、2020/8/4の投稿:白内障VS老視https://meisha.info/a ...

続きを読む

お蔵入りになる累進レンズメガネ

老視は加齢による調節力の低下です。多くの場合、裸眼では手元のスマートフォンの文字などがぼやけて読みづらくなります。百円均一ショップなどには+1.0Dから+5.0Dまで0.5D刻みで、出来合いの老眼鏡が揃っています。これを ...

続きを読む

見るだけで目がよくなる本

書店の健康関連の実用書の棚の一番目立つところには、[見るだけで目がよくなる]という本が並んでいてよく売れています。世界の美しい景色の写真を集めたもので、これを眺めているだけで目がよくなるとのことです。目がよくなるというの ...

続きを読む

眼科のレーザー治療

失明リスクの低下に貢献したレーザー光凝固 糖尿病網膜症は失明に至ることもある怖い病気ですが、レーザー光凝固治療の普及で失明原因の順位が低下してきています。しかしレーザーポインターを他人の目に向けて照射してはいけないと言わ ...

続きを読む

老視(老眼)の基礎

老視(老眼)は目のピント合わせ機能である[調節]の加齢による低下です。平均的には40代半ばくらいで手元のスマホの文字がぼやけるなどの症状に気づきます。調節についての説明は、本ブログの[過矯正メガネが原因の眼精疲労:202 ...

続きを読む

近視は病気か?

学校での視力検査の結果、B,C,Dと判定されて眼科を受診する学童の多くは近視または近視性乱視(以後両者を近視と総称)です。(2020/8/23投稿の[学校での視力検査]https://meisha.info/archiv ...

続きを読む

学校での視力検査

眼科を受診する患者さんの多くは高齢者ですが、夏休みの時期は小中高の学童も増えます。その多くは学校での視力検査が不良で受診を指示され、受診結果報告の書類を学校に提出するためです。 字づまり視力と字一つ視力 学校での視力検査 ...

続きを読む

フルオと蛍光

フルオレセインナトリウム 眼科医が使用する細隙灯顕微鏡の台の横には端が橙色の小さなろ紙の短冊が用意されています。これはフルオレセインナトリウム(フルオ)という蛍光色素を染み込ませたろ紙です。 黄緑色の蛍光を発する涙 眼科 ...

続きを読む