• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

患者さん向け

モノビジョンによる老視対応

老視は加齢による調節力の低下です。完全な老視眼は固定焦点のカメラと同じで、裸眼でピントが合いはっきりと見えるのは限られた狭い範囲に限定されます。どの距離の対象がはっきり見えるかは、正視、近視、遠視によって異なります。 正 ...

続きを読む

どちらの目が斜視?

斜視の子供を診察する時に、母親から[どちらの目が斜視ですか?]とよく尋ねられます。共同性斜視と呼ばれる子供の斜視の多くは、どちらの目が悪いということはなく、両者の相互関係の異常が原因です。外斜視の場合、右目で目標を捉える ...

続きを読む

眼球に注射する加齢黄斑変性

大学病院には加齢黄斑変性の患者さんがよく紹介されてきます。この病気に対する一般的な治療は抗VEGF薬と呼ばれる高価な薬剤の硝子体注射です。硝子体注射は眼球、すなわち目の玉に直接針を刺す注射です。[目の注射]というだけで恐 ...

続きを読む

メガネ型ルーペ(ルーペメガネ)

老視は手元にピントを合わせる調節機能が衰える加齢現象で、スマートフォンや新聞の文字がよく見えなくなります。通常は老眼鏡(近用メガネ)や遠近両用メガネ(累進屈折力レンズ)で対応します。最近TVのCMでよくみかけるハズキルー ...

続きを読む

白内障 VS 老視

[最近見えにくくなった]と訴えて眼科を受診する高齢の患者さんの多くは、白内障か老視(老眼)です。老視は近用眼鏡(老眼鏡)や遠近両用メガネ(累進屈折力メガネ)で解決しますが、白内障は手術になることがあり、両者の区別(医者は ...

続きを読む

ニセの複視を見分ける

複視は両目で見て2つ 複視は、両目で見るとものがズレて2つに見える症状です。両目の視線が見ている相手の顔の位置で一致しないことが主な原因です。(回旋複視は例外)そのため左右の目に映る像が左右あるいは上下にズレたり、あるい ...

続きを読む