• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

Leber遺伝性視神経症(Leber病)

Leber遺伝性視神経症(Leber病)

Leber遺伝性視神経症(Leber hereditary optic neuropathy: LHON)は、ミトコンドリアの電子伝達複合体をコードする遺伝子の異常によって、網膜神経節細胞(RGC)にアポトーシスを生じて ...

続きを読む

白内障の程度

白内障は細隙灯顕微鏡でみた水晶体の断面像で診断しますhttps://meisha.info/archives/976が、その判断結果は必ずしもクリアカットではありません。写真は矯正視力1.0で無症状の目の細隙灯顕微鏡像で ...

続きを読む

後嚢下白内障の診断

多くの白内障は、水晶体の断面を細隙灯顕微鏡で観察して診断します。https://meisha.info/archives/976水晶体の断面では前嚢、前部皮質、核、後部皮質、後嚢を区別します。 混濁部位による白内障の分類 ...

続きを読む

細隙灯顕微鏡による白内障の診断

白内障は高齢者にみられる代表的な目の病気で、眼球内の透明なレンズである水晶体が白く濁ります。しかし眼球のセンターラインに並ぶ角膜、前房、水晶体、硝子体はすべて透明なので、正面からの平面的な観察では、これら透明組織のどれが ...

続きを読む

閃輝暗点のメカニズム

片頭痛の分類 閃輝暗点は片頭痛の視覚前兆として有名です。芥川龍之介は、短編小説「歯車」の中で、半透明の歯車が回りながら視界を塞いでいきそれがおさまった後、激しい頭痛に襲われ一眠りして回復する自身の体験を詳しく描写していま ...

続きを読む

頭痛を伴わない閃輝暗点

一時的な視力視野の障害 一時的な視力と視野の障害は片目であれば、一過性黒内障発作を疑います。これは粥状動脈硬化を起こした頸動脈から飛来した血栓が、内頸動脈から眼動脈を経由して、片目の網膜中心動脈を一時的に閉塞して見えなく ...

続きを読む

アミロイドと眼

最近経験した症例の眼窩腫瘤を生検したところ、眼窩アミロイドーシスと診断されました。アミロイドは眼球内では角膜や硝子体に沈着することが知られていますが、眼球外の結膜、涙腺、外眼筋、眼窩にみられることは比較的まれです。Lei ...

続きを読む

エタンブトール視神経症と中心暗点計

エタンブトール(EB)視神経症は中毒性視神経症に分類される視神経の病気で、投薬開始4-12カ月後に患者の数%にみられます。https://meisha.info/archives/946EB視神経症による視力障害は、早期 ...

続きを読む

エタンブトール視神経症

抗結核薬であるエタンブトール(EB)の眼科領域副作用として視神経症が有名です。発症機序としてEBのもつ鉄、銅、亜鉛に対するキレート作用の可能性が疑われています。三村治:中毒性視神経症. In 三村治, 谷原秀信, eds ...

続きを読む

近視の度数と程度

[私の近視は0.02です]のように話す患者さんが多くいます。彼らが自分の目の近視の程度だと思っている0.02などの数字は、実は近視の度数ではありません。これは遠見裸眼視力https://meisha.info/archi ...

続きを読む