• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

霰粒腫の治療

霰粒腫の治療

霰粒腫は非感染性の慢性炎症で、マイボーム腺の導管の閉塞で貯留した変性油脂に対する異物肉芽腫が本態です。https://meisha.info/archives/627霰粒腫の大きさや重症度によって以下の治療法を選択します ...

続きを読む

水晶体(亜)脱臼

水晶体は毛様体につながるチン小帯で支持されることで、虹彩と硝子体の間の瞳孔面に固定されています。先天的脆弱性(マルファン症候群、ホモシスチン尿症など)あるいは後天的要因(加齢、偽落屑症候群、網膜色素変性、ぶどう膜炎、外傷 ...

続きを読む

高齢者の下眼瞼内反

高齢者の眼瞼内反の多くは、下まぶたの縁が角膜側に倒れ込んでまつ毛が角膜に接触するもので、異物感や角膜上皮びらんを生じます。下まぶたの皮膚を下方に引っ張り出すと、まつ毛は一時的に角膜から離れますが、瞬きをすると元の状態に戻 ...

続きを読む

眼筋型MGの診断

重症筋無力症MG: myasthenia gravisは症状と検査で診断されます。症状は眼筋や四肢、体幹筋などの筋力の低下によるもので、易疲労性や日内変動を示します。https://meisha.info/archive ...

続きを読む

不同視弱視

翌春の小学校入学を控えた5歳児が受ける就学前の健康診断では視力検査も行われます。そこで片目の視力不良に初めて気付かれ、受診した眼科で不同視弱視と診断される子供は少なくありません。不同視弱視で視力が不良となるのは何故でしょ ...

続きを読む

BRVO黄斑浮腫に対するグリッドレーザーPC

網膜静脈分枝閉塞症BRVO: branch retinal vein occlusionの主な治療対象は1. 急性期の黄斑浮腫による視力低下2. 晩期合併症である硝子体出血の2つです。このうち2. の硝子体出血を予防する ...

続きを読む

NV-の虚血型BRVO

網膜無灌流野NPAが確認される虚血型BRVOの晩期合併症として、新生血管NVの破綻による硝子体出血VHがあります。1986年に発表された有名なBVOスタディでは、その予防のため4カ月ごとに経過観察し、NV+となった時点で ...

続きを読む

網膜静脈閉塞症RVOのレーザー光凝固

虚血網膜のレーザー治療 眼科でのレーザー治療には多くの種類がありますが、その代表は虚血に陥った網膜を焼き殺すレーザー光凝固治療です。https://meisha.info/archives/321これは網膜から硝子体に向 ...

続きを読む

結膜弛緩症

眼球結膜と眼瞼結膜 結膜炎としてよく知られる[結膜]は、眼球表面を覆う眼球結膜とまぶたの裏面を覆う眼瞼結膜から成ります。両者はまぶたの奥(結膜円蓋部)でつながって粘膜の袋を作っています。袋の入り口が上下のまぶたの間の瞼裂 ...

続きを読む

黄斑部網膜下出血と視力

近視性単純黄斑出血 強度近視眼では中心窩の網膜下、すなわち視細胞と網膜色素上皮RPEとの間に少量の出血が見られることがあり、単純黄斑出血と呼ばれます。https://meisha.info/archives/1437近視 ...

続きを読む