• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

鼻涙管閉塞と涙管通水

鼻涙管閉塞と涙管通水

涙目(なみだめ:流涙症)https://meisha.info/archives/2605には分泌性流涙と導涙性流涙があり、その原因は表のようにさまざまですが、代表的な原因は鼻涙管閉塞です。 鼻涙管閉塞 涙腺(図の主涙腺 ...

続きを読む

涙 目(なみだめ):流涙症

涙に関係する目の症状には[渇き目]と[涙目]があります。渇き目はドライアイとも呼ばれ、目の表面を潤す涙の作用が低下して目の不快感が増します。ドライアイには涙腺から分泌される涙の絶対量が不足する涙液減少型だけでなく、ムチン ...

続きを読む

結膜弛緩症による間欠性流涙

高齢者の流涙症の主な原因は鼻涙管閉塞で、その診断には涙管通水検査を行います。涙点から注入した生食が喉に流れるにもかかわらず、流涙を訴える場合、原因として結膜弛緩症https://meisha.info/archives/ ...

続きを読む

眼内レンズ偏位/脱臼

水晶体を支えるチン小帯が断裂して、水晶体がズレたり前房や硝子体中に脱出/落下したりする状態は水晶体偏位、または水晶体(亜)脱臼と呼ばれます。https://meisha.info/archives/2302 IOL偏位/ ...

続きを読む

QOLを考慮した甲状腺眼症治療

甲状腺眼症の治療方針は重症度と活動性の有無で決まります。https://meisha.info/archives/25403段階の重症度で2番目の「中等度~重症」と判定されて活動性があれば、免疫抑制療法であるステロイドパ ...

続きを読む

甲状腺眼症の治療

甲状腺眼症の重症度/活動性分類 甲状腺眼症(TED: Thyroid eye disease, TAO: Thyroid-associated ophthalmopathy)では甲状腺ホルモンの異常と甲状腺関連自己抗体h ...

続きを読む

甲状腺眼症で見られる上まぶたの異常

甲状腺眼症でみられる特徴的なまぶたの異常として、眼瞼後退lid retractionとlid lag(上眼瞼おくれ)があります。 上眼瞼後退 眼瞼後退は上下のまぶたが後方に牽引される状態で、その結果、黒目の上下に白目が見 ...

続きを読む

大人のコーツ病

コーツ病は主に男児の片眼に見られる原因不明の網膜血管異常です。透過性が亢進した拡張毛細血管に由来する大量の黄色網膜下滲出物が特徴です。進行すると滲出性網膜剥離や続発性緑内障で失明に至ります。 類縁疾患:レーベル粟粒血管腫 ...

続きを読む

目の痒みと緑内障点眼薬

[目の痒み]は眼科を受診する患者さんのポピュラーな訴えのひとつで、原因の大部分は結膜か眼瞼皮膚の異常です。眼科外来通院中の400名を対象とした質問票での調査で、6週間以上持続する慢性の搔痒感(chronic itch)を ...

続きを読む

結膜炎と誤診される癌

結膜炎はポピュラーな目の病気です。https://meisha.info/archives/2498通常、細菌性は抗菌点眼薬にて数日で、ウィルス性https://meisha.info/archives/2417も1-2 ...

続きを読む