• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

近視、遠視、乱視、老視、弱視、複視、歪視

近視、遠視、乱視、老視、弱視、複視、歪視

このような[~視]という眼科用語は多くの患者さんにもなじみがあると思いますが、必ずしも正しくは理解がされていないようです。このうち近視、乱視、遠視は屈折異常で老視は調節異常です。 屈折異常 屈折異常は見ようとする外界目標 ...

続きを読む

乳児血管腫

まぶたの赤あざ 生れて間もない乳児に見られる赤あざhttps://www.dermatol.or.jp/qa/qa21/q12.htmlはイチゴ状血管腫https://www.dermatol.or.jp/qa/qa21 ...

続きを読む

健眼遮閉

弱視は乳幼児期に[視力の発達が障害されるために起こる低視力]です。https://www.jasa-web.jp/general/medical-list/amblyopiaここでいう低視力は裸眼視力ではなく矯正視力です ...

続きを読む

眼球運動は回転運動

頭位異常 頭位異常の種類として、頭部傾斜head tilt、顔回しface turn、顎上げ/引きchin up/downがあります。これらは三次元空間内の顔の向きのことで、前後、垂直、水平の直交する3本の軸周囲の頭部の ...

続きを読む

Sagging eye症候群SESの病因と診断

Sagging eye症候群SESは2013年に初めて報告された新しい概念の病気です。 開散麻痺型内斜視DPEと上下/回旋斜視CVS 症状には2つのパターンがあります。1. 開散麻痺型内斜視:divergence par ...

続きを読む

Sagging eye症候群 SES の認知度と眼窩プーリー

sagging eye症候群SES: sagging eye syndrome https://meisha.info/archives/2663の症状は両眼での複視ですが、像のズレがわずかなため多くの患者さんは[二重に ...

続きを読む

上下斜視と斜頸

斜視と斜頸 両目の位置関係が異常の斜視strabismusだと思って眼科を受診すると、斜視だけでなく顔の左右への傾き、すなわち斜頸torticollisを指摘されることがあります。しかもその斜頸は斜視が原因だと説明される ...

続きを読む

上下斜視と非共同性斜視

内斜視と外斜視 眼位の異常である斜視では片目が外にズレる外斜視(図上段)や内にズレる内斜視(図下段)が一般的です。眼球運動に関わる外眼筋の麻痺はなく、左右の目は自由に動かすことができます。その結果右目で固視すれば左目がズ ...

続きを読む

小児の白内障

白内障は目の中の透明なレンズである水晶体が濁る高齢者に多い目の病気です。https://meisha.info/archives/48高齢者の白内障は、現在では比較的容易に手術できてhttps://meisha.info ...

続きを読む

Sagging eye症候群

高齢者が複視を訴えて受診した場合、頻度の高い原因として以下を検討する必要があります。1. 眼運動神経麻痺https://meisha.info/archives/11142. 重症筋無力症https://meisha.i ...

続きを読む