• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

累進屈折力レンズ

中近の累進屈折力レンズ

眼科医とメガネ処方 メガネ処方は眼科医が行う重要な診療行為のひとつです。しかし多くの画像検査や手術技術の習得に忙しい最近の眼科医には、メガネ処方の技能習得は後回しになりがちのようです。さらに自身が老視未経験の40歳以下の ...

続きを読む

単焦点 VS 累進メガネ

遠視のヒトの多くは若い頃、裸眼で遠くも近くもはっきり見えたので、メガネの使用経験がありません。学童期からメガネに親しんできた近視のヒトとは大きく異なる点です。そのため手元の文字がぼやける老視年齢になると、まず単焦点の近用 ...

続きを読む

お蔵入りになる累進レンズメガネ

老視は加齢による調節力の低下です。多くの場合、裸眼では手元のスマートフォンの文字などがぼやけて読みづらくなります。百円均一ショップなどには+1.0Dから+5.0Dまで0.5D刻みで、出来合いの老眼鏡が揃っています。これを ...

続きを読む