• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

まぶたの手術と麻酔

挟瞼器(きょうけんき)

霰粒腫眼瞼内反良性の眼瞼腫瘍などはありふれたまぶたの病気で、外来手術で治療します。
その際に挟瞼器という器具を使用します。
まぶたを挟むことで出血がおさえられ、まぶたを固定できるのでとても便利です。
ただし麻酔がよく効いていないと、患者さんが痛がって手術を始めることができません。

結膜円蓋部麻酔

麻酔はまぶたの裏側の結膜表面の皮膚の両方の知覚を麻痺させます。
1%キシロカインE入りを10mlの注射筒に吸って、26か27ゲージの針をつけます。
まずは結膜円蓋部麻酔です。上まぶたの手術では翻転した上まぶたの瞼板の上縁の結膜の下に針をすべりこませます。
ゆっくりシリンジを押すと瞼板と結膜の間に麻酔液が広がり、結膜浮腫の状態になります。
家庭用の簡易プールのへりように、瞼板全幅にわたってふくらみが広がれば成功です。

次はまぶたの皮膚面の麻酔で、翻転した眼瞼をもどして挟瞼器で挟む範囲の皮下に注射します。
軽くマッサージしながら3分程度待ち、挟瞼器でまぶたを軽く挟んでみます。
患者さんが痛いと訴えるようなら、痛みが内側か外側か尋ねて適宜麻酔を追加します。
両方の麻酔がよく効いて挟瞼器でまぶたをはさんでも痛くないと言えば、手術は半分終わったようなものです。