• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

小児眼科

近業時の近視メガネ

学童の近視進行を促進する最大原因は近業です。両目が向いている黒板や教科書と目までの距離を視距離と呼びますが、視距離が30cm以下の近業の持続は調節ラグhttps://meisha.info/archives/2330や軸 ...

続きを読む

近視進行と軸外収差

長時間、過度の近業を続けると調節が不十分となり、中心窩での網膜像がぼやけるデフォーカスを生じます。この現象は調節ラグ lag of accommodationと呼ばれ、近業が小児の近視を進行させるメカニズムと考えられてき ...

続きを読む

不同視弱視

翌春の小学校入学を控えた5歳児が受ける就学前の健康診断では視力検査も行われます。そこで片目の視力不良に初めて気付かれ、受診した眼科で不同視弱視と診断される子供は少なくありません。不同視弱視で視力が不良となるのは何故でしょ ...

続きを読む

先天上斜筋麻痺

先天上斜筋麻痺は主に頭位異常(眼性斜頸)によって乳幼児期に気づかれます。上斜筋の主作用は内方回旋と内転時の下転https://meisha.info/archives/2115のため、これらの眼球運動が不要になる頭位をと ...

続きを読む

春季カタル(VKC)と免疫抑制点眼薬

アレルギー性結膜疾患(ACD: allergic conjunctival disease)は[Ⅰ型アレルギーが関与する結膜の炎症性疾患で,何らかの自他覚症状を伴うもの]と定義されています。ACDにはアレルギー性結膜炎( ...

続きを読む

ブルーライト(BL)カットメガネ

スマートフォンやパソコンのディスプレイから発するブルーライト(BL)を就寝前に浴びることは睡眠障害の恐れがあります。https://meisha.info/archives/2071そのため[BL = 健康被害]のイメー ...

続きを読む

バイオレットライトとニューロプシン(Opn5)

屋外活動制限と近視進行抑制 近年アジア諸国の学童の間で近視が急増しているhttps://meisha.info/archives/1643原因のひとつは屋外活動時間の減少とされています。2010年から学童の近視予防策とし ...

続きを読む

斜視の眼底検査

乳幼児では重篤で器質的な先天性の眼疾患が斜視の原因になっていることがあります。そのため[斜視を主訴として受診した小児に対し、初診時に必ず鑑別すべき疾患は器質疾患である]とも記載されています。仁科幸子: 斜視. In: 東 ...

続きを読む

色覚異常の分子生物学

正常なヒトの目は波長による光の吸収特性が異なる3種類の錐体によって、色の違いを見分けています。https://meisha.info/archives/1463実験条件の違いによってばらつくものの、光の吸収ピーク波長はL ...

続きを読む

バイオレットライトの近視抑制作用

バイオレットライト 可視光の波長下限には個人差があり、紫外線A(UV-A)との境界である360-400nmの波長域はバイオレットライトと呼ばれます。前回解説した、近視を予防する屋外活動https://meisha.inf ...

続きを読む