• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

眼底の病気

黄斑浮腫の視力低下機序

前回、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫では、黄斑浮腫自体以外に中心窩の視細胞障害と乳頭黄斑線維束での網膜内層虚血が視力低下の原因になることを説明しました。https://meisha.info/archives/571黄斑浮 ...

続きを読む

抗VEGF薬が無効な黄斑浮腫

網膜静脈閉塞症(BRVOとCRVO)に伴う黄斑浮腫によって低下した視力は、抗VEGF薬の硝子体注射で劇的に改善します。https://meisha.info/archives/561多くの場合、患者さんは[注射してもらっ ...

続きを読む

黄斑浮腫と視力

眼底出血の代表の網膜静脈閉塞症は、出血ではなく黄斑浮腫のために視力が低下することを前回説明しました。https://meisha.info/archives/552網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)では、図上段の右のOCT像 ...

続きを読む

眼底出血と硝子体注射

眼底出血の2大原因は糖尿病網膜症と網膜静脈閉塞症です。今まで目の病気を患ったことのない中高年の人で、急に片目がぼやけて見えにくくなり眼底出血と言われる場合の多くは網膜静脈閉塞症です。BRVO(網膜静脈分枝閉塞症)やCRV ...

続きを読む

飛蚊症で散瞳して眼底検査をする理由

飛蚊症は青空などを背景にして、灰色のゴミのようなものが動いて見える症状です。眼科を受診する患者さんが訴える症状としてはよくあるものです。受診すると眩しくなる散瞳薬を点眼されて、眼底検査をしてくれます。多くの場合は後部硝子 ...

続きを読む

オプトス眼底自発蛍光撮影

眼科医はフルオレセインナトリウムという蛍光色素を使って涙を可視化したり、角膜の傷を見つけたり、網膜の毛細血管を際立たせて画像化したりすることを2020/8/22の[フルオと蛍光]https://meisha.info/a ...

続きを読む

眼科のレーザー治療

失明リスクの低下に貢献したレーザー光凝固 糖尿病網膜症は失明に至ることもある怖い病気ですが、レーザー光凝固治療の普及で失明原因の順位が低下してきています。しかしレーザーポインターを他人の目に向けて照射してはいけないと言わ ...

続きを読む

フルオと蛍光

フルオレセインナトリウム 眼科医が使用する細隙灯顕微鏡の台の横には端が橙色の小さなろ紙の短冊が用意されています。これはフルオレセインナトリウム(フルオ)という蛍光色素を染み込ませたろ紙です。 黄緑色の蛍光を発する涙 眼科 ...

続きを読む

黄斑円孔の求心性のゆがみ

黄斑円孔とは 黄斑は眼底の中央部に位置します。その中心の網膜に穴があいて視力が下がる病気が黄斑円孔です。加齢に伴って60歳代付近の高齢者に多く発生しますが、眼を強くぶつけるなどの外傷によって起こることもあります。眼底検査 ...

続きを読む