• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

白内障

最強度近視での白内障手術

度数が -6D以上の近視は強度近視と呼ばれます。https://meisha.info/archives/940さらに -10Dを超えると最強度近視と呼ばれ、黄斑の異常や緑内障などの危険性が増します。 軽い白内障の最強度 ...

続きを読む

液状後発白内障

白内障の手術既往のある患者さんの目を細隙灯顕微鏡で観察すると、図のように(いずれも異なる症例)乳白色のレンズ状の断面が観察されることがあります。 後発白内障と液状後発白内障 これは液状後発白内障と呼ばれる病態です。通常白 ...

続きを読む

白内障手術を勧める3条件

白内障の目薬https://meisha.info/archives/782をもらいながら、数カ月ごとに通院していた患者さんが、[そろそろ手術をしたほうがよいですよ]と眼科医から言われることがあります。白内障手術は現在日 ...

続きを読む

飛蚊症による見えにくさ

白内障に間違われる[見えにくさ] 大学病院には多くの患者さんが白内障の手術目的で紹介されてきます。しかし[患者さんの見えにくさの主因が本当に白内障なのか]を判断するのは簡単ではありません。https://meisha.i ...

続きを読む

白内障手術と核落下

白内障は水晶体という目の中のレンズが濁るため、かすんで見えにくくなる病気です。一度濁った水晶体を薬で透明に戻すことは無理でhttps://meisha.info/archives/782、見え方の改善には手術が必要です。 ...

続きを読む

小児の白内障

白内障は目の中の透明なレンズである水晶体が濁る高齢者に多い目の病気です。https://meisha.info/archives/48高齢者の白内障は、現在では比較的容易に手術できてhttps://meisha.info ...

続きを読む

眼内レンズ偏位/脱臼

水晶体を支えるチン小帯が断裂して、水晶体がズレたり前房や硝子体中に脱出/落下したりする状態は水晶体偏位、または水晶体(亜)脱臼と呼ばれます。https://meisha.info/archives/2302 IOL偏位/ ...

続きを読む

水晶体(亜)脱臼

水晶体は毛様体につながるチン小帯で支持されることで、虹彩と硝子体の間の瞳孔面に固定されています。先天的脆弱性(マルファン症候群、ホモシスチン尿症など)あるいは後天的要因(加齢、偽落屑症候群、網膜色素変性、ぶどう膜炎、外傷 ...

続きを読む

核白内障と近視化

白内障は混濁部位によって皮質白内障、核白内障、後嚢下白内障に大別されます。水晶体中央の核または前後の皮質のいずれの濁りが主であるかは、細隙灯顕微鏡のスリット光を狭くして水晶体断面を観察するとわかります。これに対して透明な ...

続きを読む

白内障の白と光の散乱

白内障は俗にシロソコヒと呼ばれます。水晶体が白く濁り、瞳孔の部分が白く見えるためです。ただし早期に手術されることが多い最近では、肉眼的にも白く見える白内障患者さんを見かけることは少なくなりました。 不溶化蛋白による光の散 ...

続きを読む