• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

新着情報

甲状腺眼症の治療

甲状腺眼症の重症度/活動性分類 甲状腺眼症(TED: Thyroid eye disease, TAO: Thyroid-associated ophthalmopathy)では甲状腺ホルモンの異常と甲状腺関連自己抗体h ...

続きを読む

甲状腺眼症で見られる上まぶたの異常

甲状腺眼症でみられる特徴的なまぶたの異常として、眼瞼後退lid retractionとlid lag(上眼瞼おくれ)があります。 上眼瞼後退 眼瞼後退は上下のまぶたが後方に牽引される状態で、その結果、黒目の上下に白目が見 ...

続きを読む

大人のコーツ病

コーツ病は主に男児の片眼に見られる原因不明の網膜血管異常です。透過性が亢進した拡張毛細血管に由来する大量の黄色網膜下滲出物が特徴です。進行すると滲出性網膜剥離や続発性緑内障で失明に至ります。 類縁疾患:レーベル粟粒血管腫 ...

続きを読む

目の痒みと緑内障点眼薬

[目の痒み]は眼科を受診する患者さんのポピュラーな訴えのひとつで、原因の大部分は結膜か眼瞼皮膚の異常です。眼科外来通院中の400名を対象とした質問票での調査で、6週間以上持続する慢性の搔痒感(chronic itch)を ...

続きを読む

結膜炎と誤診される癌

結膜炎はポピュラーな目の病気です。https://meisha.info/archives/2498通常、細菌性は抗菌点眼薬にて数日で、ウィルス性https://meisha.info/archives/2417も1-2 ...

続きを読む

結膜炎

結膜の構造 眼球の壁は黒目にあたる角膜と白目に当たる強膜から成ります。強膜の表面を覆う半透明の眼球結膜は、上下のまぶたの裏を覆う眼瞼結膜と結膜円蓋部でつながり、結膜嚢という袋を作っています。結膜嚢の入り口は上下のまぶたの ...

続きを読む

片側顔面痙攣HFS: Hemifacial spasm

眼瞼痙攣https://meisha.info/archives/1533では眼輪筋など顔面上半の筋肉が不随意に収縮することで目が開きにくくなります。類似の病態として片側顔面痙攣HFS: Hemifacial spasm ...

続きを読む

脈絡膜破裂Choroidal rupture

鈍的眼外傷による主な眼底後極病変には、網膜振盪症commotio retinae、外傷性黄斑円孔traumatic macular hole、脈絡膜破裂choroidal ruptureがあります。Chen Y et a ...

続きを読む

慢性結膜炎に誤診される脂腺癌pagetoid spread

パジェットPaget病は、皮膚/粘膜に隣接する臓器由来の癌細胞が、皮膚や粘膜の上皮内を移動して表皮内癌の所見を示す状態で、乳房Paget病と外陰部/肛門などにみられる乳房外Paget病があります。http://www.j ...

続きを読む

小児霰粒腫の治療

霰粒腫の治療には経過観察、ステロイド眼軟膏/局所注射、手術(切開掻爬)https://meisha.info/archives/2315があり、成人のケースでは、大きさや種類(限局型VSびまん型https://meish ...

続きを読む