• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

検査

エタンブトール視神経症と中心暗点計

エタンブトール(EB)視神経症は中毒性視神経症に分類される視神経の病気で、投薬開始4-12カ月後に患者の数%にみられます。https://meisha.info/archives/946EB視神経症による視力障害は、早期 ...

続きを読む

MDスロープで評価する網膜色素変性

視野が進行性に障害される代表的な目の病気は緑内障と網膜色素変性です。緑内障で網膜神経線維が脱落していく経過はハンフリー30-2視野(または24-2視野)のMDスロープで評価できます。https://meisha.info ...

続きを読む

MDスロープでわかる緑内障の進行速度

地図の等高線のようなアナログ表示のゴールドマン視野は、緑内障の診断にはわかりやすいのですが、視野障害の進行を記録するには適切とはいえません。https://meisha.info/archives/867緑内障の進行モニ ...

続きを読む

視野検査

視野検査は緑内障の診断と進行の評価に用いられます。広く行われている視野検査にはゴールドマン動的視野検査とハンフリー静的視野検査があります。いずれも反対の目を隠して片目ずつ検査します。 ゴールドマン視野計 目を動かさないで ...

続きを読む

網膜色素変性の過蛍光リング

視細胞が死滅脱落する網膜色素変性では、視細胞を支える網膜色素上皮(RPE)細胞も委縮して眼底は脱色素性の変化を示し、眼底自発蛍光像で低蛍光となります。https://meisha.info/archives/726 自発 ...

続きを読む

眼瞼下垂の程度

眼瞼下垂は目をあけて見ようとしても、上まぶたが下がって上方の視界が塞がれる状態です。カーサンバイザーを深く下ろして運転する時のような見え方になります。 眼瞼下垂の害 眼瞼下垂だと何が困るのでしょうか?まず上方の視野が欠け ...

続きを読む

緑内障の検査目的

眼科診療所に通院する多くの緑内障患者さんは、毎回いくつかの眼科検査を受けています。その検査で何を調べているのでしょうか?緑内障の外来での検査は大きく4つに分類できます。 1. 眼底検査とOCT検査:緑内障の診断 この2つ ...

続きを読む

片目を隠して目の動きを見る遮閉試験

斜視の診断にはフラッシュを光らせて撮影した写真で、黒目の中にみえる白点の角膜反射をみることが簡便であることを前回(2020/9/21斜視と偽斜視https://meisha.info/archives/473)解説しまし ...

続きを読む

甲状腺眼症の血液検査

甲状腺ホルモンが正常なこともある 高齢の人にみられる複視の一部は甲状腺眼症が原因であることを、2020年8月3日の投稿:[複視患者のMRI依頼は脳と眼窩]https://meisha.info/archives/27で解 ...

続きを読む

眼圧が高くないのに何故、緑内障?

眼科クリニックでよく聞かれる会話です。患者:[人間ドックの眼底写真で緑内障の疑いといわれました。しかしその時の眼圧は右も左も14mmHgで正常範囲だといわれました。眼圧が高くないのに緑内障ということがあるのですか?]眼科 ...

続きを読む