• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

患者さん向け

網膜色素変性

光を感じる視細胞が徐々に死滅する遺伝病 夜盲で発症し、進行とともに視野が狭くなる網膜色素変性は、光を感じ取る視細胞の死滅脱落が、周辺網膜から求心性に徐々に進行して黄斑部に迫ってくる遺伝性の病気です。眼底検査では、中央の黄 ...

続きを読む

まぶたの良性腫瘍と悪性腫瘍

まぶたのできものをみた場合、良性腫瘍か悪性腫瘍の癌かの判断が重要です。 まぶたの悪性腫瘍 悪性腫瘍では脂腺癌と基底細胞癌が主なものです。一般的には脂腺癌は黄色くhttps://meisha.info/archives/6 ...

続きを読む

脂腺癌(マイボーム腺癌)

霰粒腫と診断されて再発を繰り返す場合、マイボーム腺嚢胞のことがあることを以前解説しました。https://meisha.info/archives/638再発をする霰粒腫の鑑別診断でもうひとつの重要な病気が脂腺癌です。 ...

続きを読む

カタル性角膜潰瘍

フルオで染まる角膜の傷 眼球表面の痛みの多くは角膜に原因があります。フルオレセインナトリウムという蛍光色素で染めて青い光を当てると、原因となる角膜の傷が黄緑色に光ってわかります。https://meisha.info/a ...

続きを読む

霰粒腫

霰粒腫(めいぼ)は麦粒腫(ものもらい)とともにまぶたのできものの代表です。霰粒腫と麦粒腫の違いは感染の有無です。 麦粒腫は細菌感染 麦粒腫はまつげの出口(睫毛根部)にある油や汗の分泌腺に細菌(主に黄色ブドウ球菌)が感染し ...

続きを読む

ドライアイ

角質で覆われるからだの表面の皮膚は乾燥に強く濡れていなくても平気です。一方、鼻や口につながるからだの内部の管や空洞である鼻腔、口腔、消化管、気管、尿道などの表面を覆う粘膜の上皮細胞は乾燥するとひからびて死滅するため、表面 ...

続きを読む

角膜上皮びらん

[目の表面が痛い]、あるいは[目がゴロゴロする]と訴えて受診する患者さんの多くは[角膜上皮びらん]という病気です。 角膜と角膜上皮細胞 角膜は眼球前面の透明な壁で暗い内部が透けて見えるため黒目と呼ばれます。その周囲の白目 ...

続きを読む

まぶたのけいれん

眼瞼ミオキミア [まぶたがピクピクするのですが眼瞼けいれんでしょうか?]と訴える患者さんを診察することがあります。詳しく尋ねると、左右どちらかの、主に下まぶたの皮膚が細かく波うつように震える動きが数秒から1-2分続くと言 ...

続きを読む

内麦粒腫とマイボーム腺梗塞

麦粒腫 麦粒腫はまぶたの有痛性の急性化膿性炎症で、原因の多くは黄色ブドウ球菌です。そのうち外麦粒腫は、まつ毛を包む袋に開口する皮脂腺(ツァイス 腺)や 汗腺(モル腺)の感染が原因で、まぶたの皮膚側の発赤腫脹がみられます。 ...

続きを読む

眼底出血と硝子体注射

眼底出血の2大原因は糖尿病網膜症と網膜静脈閉塞症です。今まで目の病気を患ったことのない中高年の人で、急に片目がぼやけて見えにくくなり眼底出血と言われる場合の多くは網膜静脈閉塞症です。BRVO(網膜静脈分枝閉塞症)やCRV ...

続きを読む