• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

患者さん向け

調節性内斜視と近見反応

小児期にみられる内斜視の多くは調節性内斜視で、通常1.5~4歳頃発症します。(まれに1歳未満で発症し乳児調節性内斜視と呼ばれます。)四宮加容: 調節性内斜視の眼鏡処方  あたらしい眼科 37:911-6.202 ...

続きを読む

雪目と電気性眼炎

晴れた日のスキーや屋根の雪降ろし作業の夜に両眼が痛くなって眠れず、夜間救急外来を受診する原因のひとつは雪目(雪眼炎)です。庄司純: 電気性眼炎(紫外線角膜障害). 日本医事新報:46.2020 蛍光色素のフルオレセインナ ...

続きを読む

症状の原因診断と正しい治療選択

眼科では命にかかわる病気はまれで、多くは生活の質QOLを高め維持することが主目的になりますが、その点では整形外科も近いように思われます。 腰痛と仙腸関節障害 変形性腰椎症といわれ腰痛に悩まされていた知人は何軒かの整形外科 ...

続きを読む

遠見のみ軽度の同側性複視を訴える高齢者

東京で開催された大学時代の同窓会で、70歳の友人から[運転時にセンターラインがダブってみえるが何の病気だろうか]との相談を受けました。 遠見同側性複視の確認 [運転中にセンターラインがだぶる]というのは遠見時の同側性複視 ...

続きを読む

白内障手術紹介時の運転制限

透明な水晶体が濁って視力が低下する白内障はポピュラーな眼科の病気です。程度が軽い、片目がよく見えていて困らないなどの理由で手術は受けずに予防の点眼薬https://meisha.info/archives/782を処方さ ...

続きを読む

小児の頭部MRI検査

乳幼児や小児で表のような異常が疑われる場合、脳や眼窩のCTやMRI画像を撮影することがあります。 Aの眼内腫瘍のうち白色瞳孔https://meisha.info/archives/1265が特徴の網膜芽細胞腫https ...

続きを読む

シラクーサの聖女:ルチア

長靴の形をしたイタリア半島、シチリア Sicilia(イタリア語)はその足指の先の三角定規に似た形の島で、その右辺の南の端近くに、ギリシャ時代に栄えたシラクーサ Siracusaがあります。シラクーサからイオニア海 Ma ...

続きを読む

結膜下出血の患者説明

結膜とその下の強膜との間に出血が貯留する結膜下出血は、眼科外来ではありふれた病気です。 結膜下出血の症状と経過 白目が真っ赤で目立ちますが、痛み、痒みや目やになどの症状はありません。https://meisha.info ...

続きを読む

メガネトラブル

屈折異常(近視、遠視、乱視)や調節異常(老視)でのぼやけはメガネで矯正できます。https://meisha.info/archives/2761しかし表のごとくの不適切な処方や誤った使用法のメガネ使用で、目の不調を訴え ...

続きを読む

眼球摘出術と眼窩内容除去術

眼球摘出術 眼球内の網膜で捉えられた外界の像は、視神経を経由して脳の後頭葉に伝えられ、初めて視覚情報として自覚され、[見えた]と感じます。眼球摘出術はこの脳との連絡路である視神経を切断して眼球を取り出す手術です。 眼球摘 ...

続きを読む