• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

視力/近視/老視/メガネ

中近の累進屈折力レンズ

眼科医とメガネ処方 メガネ処方は眼科医が行う重要な診療行為のひとつです。しかし多くの画像検査や手術技術の習得に忙しい最近の眼科医には、メガネ処方の技能習得は後回しになりがちのようです。さらに自身が老視未経験の40歳以下の ...

続きを読む

バイオレットライトの近視抑制作用

バイオレットライト 可視光の波長下限には個人差があり、紫外線A(UV-A)との境界である360-400nmの波長域はバイオレットライトと呼ばれます。前回解説した、近視を予防する屋外活動https://meisha.inf ...

続きを読む

屋外活動と近視進行予防

前回「見るだけで目が良くなる」が謳い文句の本の「良くなる」根拠の科学的な検証はされていないことを紹介しました。https://meisha.info/archives/1630そのような本の読者には、子供の近視進行を心配 ...

続きを読む

「見るだけで目が良くなる」?

書店の健康本コーナーの目につきやすい棚には、「見るだけで目が良くなる」の類の写真集やドリル本がに並んでいます。 「見るだけで目が良くなる」本は3種類 その内容は大別すると3種類です。1. 遠景の風景写真集これは遠くを見る ...

続きを読む

乱視

乱視は近視や遠視と同じ屈折異常に分類されます。近視では遠見裸眼視力が低下します。遠視では調節機能が低下すると、近見裸眼視力が低下します。一方、近視での近見裸眼視力、あるいは遠視での遠見裸眼視力は通常正常です。しかし乱視で ...

続きを読む

遠見/近見/裸眼/矯正視力

近見視力と遠見視力 正視や遠視のヒトが歳をとって老視になると、近くのスマートフォンの文字がぼやけて見えにくくなります。https://meisha.info/archives/1507そのような近方視困難は図のような本に ...

続きを読む

遠視と老視

遠視と老視の違いがわからないということをよく聞きます。両者に共通するのは手元の文字がぼやけて見辛いことです。そのため本やスマートフォンを目から離して読みます。https://meisha.info/archives/48 ...

続きを読む

心因性視覚障害

小中学校では裸眼視力を測る視力検査を毎年行います。その結果、視力不良として眼科受診を指示される児童の多くは近視あるいは近視性乱視です。https://meisha.info/archives/295適切な矯正メガネを掛け ...

続きを読む

単焦点 VS 累進メガネ

遠視のヒトの多くは若い頃、裸眼で遠くも近くもはっきり見えたので、メガネの使用経験がありません。学童期からメガネに親しんできた近視のヒトとは大きく異なる点です。そのため手元の文字がぼやける老視年齢になると、まず単焦点の近用 ...

続きを読む

近視の度数と程度

[私の近視は0.02です]のように話す患者さんが多くいます。彼らが自分の目の近視の程度だと思っている0.02などの数字は、実は近視の度数ではありません。これは遠見裸眼視力https://meisha.info/archi ...

続きを読む