• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

緑内障

MDスロープでわかる緑内障の進行速度

地図の等高線のようなアナログ表示のゴールドマン視野は、緑内障の診断にはわかりやすいのですが、視野障害の進行を記録するには適切とはいえません。https://meisha.info/archives/867緑内障の進行モニ ...

続きを読む

視野検査

視野検査は緑内障の診断と進行の評価に用いられます。広く行われている視野検査にはゴールドマン動的視野検査とハンフリー静的視野検査があります。いずれも反対の目を隠して片目ずつ検査します。 ゴールドマン視野計 目を動かさないで ...

続きを読む

緑内障の手術

緑内障の治療は眼圧を下げて、視神経の障害を遅らせることです。緑内障の点眼治療薬だけでは眼圧の低下が不十分な場合には手術が行われます。 緑内障手術の種類 通常行われる緑内障の手術は濾過手術と流出路再建術の2種類に分類されま ...

続きを読む

相対的瞳孔ブロックとプラトー虹彩

房水の産生と排出 房水は毛様体で作られて、後房という虹彩と水晶体の間の狭いスペースに排出されます(A)。後房から瞳孔を通過して(B)前房に出た後、周辺の隅角から排出されます(C)。隅角の天井にあたる角膜裏面には線維柱帯と ...

続きを読む

急性緑内障発作

現在、緑内障は図のように分類されています。日本緑内障学会: 緑内障診療ガイドライン(第4版). 日本眼科学会雑誌 122:5-53.2018緑内障の多くは網膜神経節細胞の軸索である網膜神経線維が徐々に失われていく原発開放 ...

続きを読む

高眼圧症と正常眼圧緑内障

視神経乳頭は眼圧の上昇による障害を、眼球内で最も受けやすい部位です。https://meisha.info/archives/807しかし20を超える高眼圧が持続しても視神経乳頭の陥凹拡大や視野障害がみられない場合があり ...

続きを読む

緑内障と眼圧

緑内障の特徴は視神経乳頭の陥凹拡大で、網膜神経節細胞の軸索である網膜神経線維が脱落した結果であることを前回説明しました。https://meisha.info/archives/800一方、緑内障の治療では眼圧を下げる目 ...

続きを読む

視神経乳頭の陥凹拡大と緑内障

眼科診療所に通う多くの緑内障患者さんの診断のきっかけは、健康診断や人間ドックの眼底写真での視神経乳頭陥凹拡大です。視神経乳頭は眼底写真に写る白い円盤で、正常でも中央が少し陥凹して白っぽく見えます。その拡大はどのような意味 ...

続きを読む

緑内障の検査目的

眼科診療所に通院する多くの緑内障患者さんは、毎回いくつかの眼科検査を受けています。その検査で何を調べているのでしょうか?緑内障の外来での検査は大きく4つに分類できます。 1. 眼底検査とOCT検査:緑内障の診断 この2つ ...

続きを読む

固視点近傍の視野障害を示す強度近視の緑内障

強度近視に伴う緑内障では視神経乳頭の変形のために診断が容易ではありません。また固視点近傍の視野障害がみられやすく、通常の24-2視野で異常が確認できないことがあります。そのような目では10-2視野を測定すること、垂直方向 ...

続きを読む