• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

治療(目薬/レーザー/手術)

下斜筋後転術と切除術

下斜筋過動症 IOOA: overaction of inferior oblique muscle 下斜筋過動症の主訴は内転時の上転です。機能的に問題になることは少ないですが、目つきの悪さを理由に手術を希望するケースが ...

続きを読む

先天性鼻涙管閉塞開放術

先天鼻涙管閉塞 CNLDO まぶたやまつげに異常がなく、持続する流涙と眼脂を主訴に受診する生後数か月の乳児の多くは先天鼻涙管閉塞CNLDO: congenital nasolacrimal duct obstructio ...

続きを読む

眼科の専門

眼科は外科系 臨床医学は大きく外科系と内科系に分かれます。同じ心臓を扱う臨床科であっても心臓の冠動脈バイパス手術を行うのは外科系の心臓血管外科ですが、カテーテル治療を行うのは内科系の循環器内科です。脳の病気でも手術になる ...

続きを読む

健眼遮閉

弱視は乳幼児期に[視力の発達が障害されるために起こる低視力]です。https://www.jasa-web.jp/general/medical-list/amblyopiaここでいう低視力は裸眼視力ではなく矯正視力です ...

続きを読む

眼瞼皮膚弛緩症

眼瞼下垂は上まぶたの下縁が下降して瞳孔にかかり、上方視野が見えづらくなる状態です。一方まぶたの皮膚が垂れ下がって瞳孔を隠す眼瞼皮膚弛緩症では、まぶた下縁の位置は正常のことも多く、偽眼瞼下垂と呼ばれます。偽眼瞼下垂には眉毛 ...

続きを読む

春季カタル(VKC)と免疫抑制点眼薬

アレルギー性結膜疾患(ACD: allergic conjunctival disease)は[Ⅰ型アレルギーが関与する結膜の炎症性疾患で,何らかの自他覚症状を伴うもの]と定義されています。ACDにはアレルギー性結膜炎( ...

続きを読む

レーザー虹彩切開術

急性緑内障発作は遠視眼で浅前房の中高年の女性に多く、突然に片目が見えなくなり、同時に激しい目の痛みと頭痛、嘔吐に襲われます。https://meisha.info/archives/826周辺虹彩が角膜裏面に押し付けられ ...

続きを読む

CSCの治療:光線力学的療法PDT

中心性漿液性脈絡網膜症CSC: central serous chorioretinopathyに対するレーザー光凝固治療https://meisha.info/archives/1942にはいくつか問題点があります。 ...

続きを読む

CSCの治療:レーザー光凝固治療

中心性漿液性脈絡網膜症 CSC https://meisha.info/archives/1931の一般的な治療法はレーザー光凝固です。フルオレセイン蛍光眼底造影検査FAで確認できる蛍光漏出点を狙って、淡い灰白色の凝固斑 ...

続きを読む

ボトックス注射による眼瞼下垂

A型ボツリヌス毒素 目を開け辛い眼瞼けいれんは瞬目の制御異常が関係する眼瞼の局所ジストニアです。https://meisha.info/archives/602その治療にはA型ボツリヌス毒素の製剤であるボトックス(グラク ...

続きを読む