• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

眼科医向け

NV-の虚血型BRVO

網膜無灌流野NPAが確認される虚血型BRVOの晩期合併症として、新生血管NVの破綻による硝子体出血VHがあります。1986年に発表された有名なBVOスタディでは、その予防のため4カ月ごとに経過観察し、NV+となった時点で ...

続きを読む

網膜静脈閉塞症RVOのレーザー光凝固

虚血網膜のレーザー治療 眼科でのレーザー治療には多くの種類がありますが、その代表は虚血に陥った網膜を焼き殺すレーザー光凝固治療です。https://meisha.info/archives/321これは網膜から硝子体に向 ...

続きを読む

黄斑部網膜下出血と視力

近視性単純黄斑出血 強度近視眼では中心窩の網膜下、すなわち視細胞と網膜色素上皮RPEとの間に少量の出血が見られることがあり、単純黄斑出血と呼ばれます。https://meisha.info/archives/1437近視 ...

続きを読む

重症筋無力症MGの眼筋型

後天性の眼瞼下垂https://meisha.info/archives/1083をみた場合、重症筋無力症MG: myasthenia gravis https://meisha.info/archives/1140は重 ...

続きを読む

結膜結石Conjunctival concretions

異物感を訴える高齢の患者さんの上まぶたを翻転すると、結膜下に白色の結膜結石が見られることがあります。下眼瞼結膜に見られることもありますが、眼球結膜にみられることはありません。 多くは結膜下に埋もれていますが、結膜面から突 ...

続きを読む

代償不全型上斜筋麻痺

上斜筋麻痺の特徴は外方回旋偏位と内転時の下転障害です。その病型は大きく3つに分類されます。岡本真奈 他: 代償不全上斜筋麻痺と後天滑車神経麻痺の手術術式の比較. 眼科臨床紀要 5: 55-58, 2012. このうち先天 ...

続きを読む

先天上斜筋麻痺

先天上斜筋麻痺は主に頭位異常(眼性斜頸)によって乳幼児期に気づかれます。上斜筋の主作用は内方回旋と内転時の下転https://meisha.info/archives/2115のため、これらの眼球運動が不要になる頭位をと ...

続きを読む

上斜筋の走行

上下斜視、回旋複視、斜頸など多彩な症状や所見を示す滑車神経麻痺の診断は容易ではありません。滑車神経が支配する上斜筋が、内外上下直筋とは異なるユニークな走行をするためです。 上斜筋の解剖 扇状に広がり眼球上部に付着する上斜 ...

続きを読む

接触眼瞼皮膚炎

眼瞼の構造 眼瞼は皮膚側の前葉と結膜側の後葉に分かれます。前葉の主体は眼輪筋で眼瞼縁には脂腺と汗腺を有する睫毛根が存在します。後葉の主体は瞼板で内部にマイボーム腺が含まれます。 眼瞼炎の分類 以前のこのブログで角膜病変に ...

続きを読む

春季カタル(VKC)と免疫抑制点眼薬

アレルギー性結膜疾患(ACD: allergic conjunctival disease)は[Ⅰ型アレルギーが関与する結膜の炎症性疾患で,何らかの自他覚症状を伴うもの]と定義されています。ACDにはアレルギー性結膜炎( ...

続きを読む