• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

眼科医向け

黄斑前膜ERM

黄斑前膜は40歳以上の4%にみられるポピュラーな黄斑疾患です。Miyazaki M et al.: Prevalence and risk factors for epiretinal membranes in a Ja ...

続きを読む

強度近視眼の黄斑出血

単純黄斑出血と脈絡膜新生血管による出血 強度近視眼に黄斑出血を生じた場合、以下の2つを区別する必要があります。1. 単純黄斑出血 SH: simple hemorrhage2. 近視性脈絡膜新生血管 mCNV: myop ...

続きを読む

テルソン症候群

激しい頭痛の後、意識が消失して脳外科病院などに救急搬送されるくも膜下出血 SAH: subarachnoid hemorrhageでは、命をとりとめて病室で意識が回復した時に、片目あるいは両目が見えないことがあります。こ ...

続きを読む

網膜有髄神経線維

網膜有髄神経線維は網膜神経線維の走行に沿う白色刷毛状の眼底異常です。多くは視神経乳頭に連続してみられますが、乳頭から離れて見られることもあります。多くは無症状で人間ドックや健康診断での眼底写真で偶然に発見されます。 有髄 ...

続きを読む

星状硝子体症AH自体による視力低下

眼底観察が困難なほどの星状硝子体症asteroid hyalosis: AHであっても通常、その目の矯正視力は正常で、飛蚊症floatersを訴えることもまれです。https://meisha.info/archives ...

続きを読む

星状硝子体症 asteroid hyalosis: AH

多数の黄白色、粒状混濁が硝子体腔内に見られる病態は星状硝子体症asteroid hyalosis:  AHと呼ばれます。混濁の原因はasteroid body(星状体、星芒体)と呼ばれ、細隙灯顕微鏡や眼底写真で確認できま ...

続きを読む

マドックスMaddoxダブルロッドテスト

複視には同側性、交叉性の水平複視と垂直方向にズレる上下複視以外に、回旋複視https://meisha.info/archives/1756があります。 左右眼に映る景色がそれぞれ図のようにズレて重なるのでとても不快です ...

続きを読む

回旋複視と手術治療

回旋複視はプリズムメガネでは対応できないことを前回解説しました。https://meisha.info/archives/1744 症例:52歳男性 Aさんは小脳動静脈奇形(AVM)からのクモ膜下出血で緊急入院して手術を ...

続きを読む

プリズムメガネ

光を収束あるいは発散させる凸または凹レンズに対して、プリズムには光の方向を変える働きがあります。https://meisha.info/archives/922メガネに組み込むプリズムや貼り付ける膜プリズムは、共同性ある ...

続きを読む

色覚異常の分子生物学

正常なヒトの目は波長による光の吸収特性が異なる3種類の錐体によって、色の違いを見分けています。https://meisha.info/archives/1463実験条件の違いによってばらつくものの、光の吸収ピーク波長はL ...

続きを読む