• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

眼科医向け

過蛍光リングのその後と錐体ジストロフィのリング

網膜色素変性の眼底自発蛍光像(FAF)で中心窩周囲にみられる過蛍光リングは、求心性に進行する視細胞死の最前線です。https://meisha.info/archives/744典型例では過蛍光リングと周囲の低蛍光部の間 ...

続きを読む

網膜色素変性の過蛍光リング

視細胞が死滅脱落する網膜色素変性では、視細胞を支える網膜色素上皮(RPE)細胞も委縮して眼底は脱色素性の変化を示し、眼底自発蛍光像で低蛍光となります。https://meisha.info/archives/726 自発 ...

続きを読む

OCTでわかる網膜色素変性の視細胞脱落

網膜色素変性は進行性で求心性に視細胞が死滅脱落する網膜の病気です。https://meisha.info/archives/726そのようすは網膜の断面をみる光干渉断層計(OCT)で確認することができます。 視細胞内節の ...

続きを読む

カタル性角膜潰瘍と眼瞼炎

カタル性角膜潰瘍https://meisha.info/archives/649は角膜周辺の浸潤性病変でブドウ球菌性前部眼瞼炎https://meisha.info/archives/703に伴って生じます。 角膜と眼瞼 ...

続きを読む

眼瞼炎に続発する角膜病変

眼瞼炎が元で角膜に病気がみられることがあり、主なものとしてカタル性角膜潰瘍とマイボーム腺炎角膜上皮症があります。これらの病気は眼瞼縁に開口する脂腺や汗腺で増殖した細菌が原因です。しかしその細菌は、角膜上で増殖している訳で ...

続きを読む

脂腺癌(マイボーム腺癌)

霰粒腫と診断されて再発を繰り返す場合、マイボーム腺嚢胞のことがあることを以前解説しました。https://meisha.info/archives/638再発をする霰粒腫の鑑別診断でもうひとつの重要な病気が脂腺癌です。 ...

続きを読む

眼瞼下垂の検査:挙筋機能とBell現象

眼瞼下垂の主な原因は、[動眼神経-眼瞼挙筋-挙筋腱膜]、または[交感神経-ミュラー筋]の経路のどこかにあります。 このうち眼瞼挙筋-挙筋腱膜が関係する加齢性や先天性の眼瞼下垂の手術では、MRD:https://meish ...

続きを読む

眼瞼下垂の程度

眼瞼下垂は目をあけて見ようとしても、上まぶたが下がって上方の視界が塞がれる状態です。カーサンバイザーを深く下ろして運転する時のような見え方になります。 眼瞼下垂の害 眼瞼下垂だと何が困るのでしょうか?まず上方の視野が欠け ...

続きを読む

急性霰粒腫

無痛と抗菌薬の無効が特徴の霰粒腫 霰粒腫はマイボーム腺由来の油脂による慢性炎症(脂肪肉芽腫)で、非感染性のまぶたのできものです。細菌感染による急性化膿性炎症である麦粒腫とは異なり、疼痛や圧痛はないか軽く、抗菌薬には反応し ...

続きを読む

カタル性角膜潰瘍

フルオで染まる角膜の傷 眼球表面の痛みの多くは角膜に原因があります。フルオレセインナトリウムという蛍光色素で染めて青い光を当てると、原因となる角膜の傷が黄緑色に光ってわかります。https://meisha.info/a ...

続きを読む