• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

患者さん向け

眼底出血以外にもある目の出血

目の出血というと多くの患者さんは眼底出血をイメージするようです。 主な目の出血 目の内外でみられる出血の多くは図の4つに大別されます。このうち視力が低下するのは前房出血と硝子体出血です。結膜下出血と黄斑以外の眼底出血では ...

続きを読む

片目を隠して目の動きを見る遮閉試験

斜視の診断にはフラッシュを光らせて撮影した写真で、黒目の中にみえる白点の角膜反射をみることが簡便であることを前回(2020/9/21斜視と偽斜視https://meisha.info/archives/473)解説しまし ...

続きを読む

斜視と偽斜視

どれが斜視? 4枚の写真はいずれも斜視のように見えますがどれが斜視でしょうか? 正解 BとDが斜視でBは外斜視、Dは内斜視です。一見斜視のように見えるAとCは実は斜視ではなく正位(正常の眼位のこと)で、偽斜視と呼ばれます ...

続きを読む

緑内障が禁忌とされる薬

病気Aに効果を発揮する治療薬Xが、別の病気Bにとって致命的な悪影響を及ぼすことがある場合、BはXの禁忌薬と呼ばれます。緑内障治療点眼薬であるベータ遮断薬が気管支喘息に禁忌であることは有名です。 禁忌薬のリストは下記から見 ...

続きを読む

飛蚊症で散瞳して眼底検査をする理由

飛蚊症は青空などを背景にして、灰色のゴミのようなものが動いて見える症状です。眼科を受診する患者さんが訴える症状としてはよくあるものです。受診すると眩しくなる散瞳薬を点眼されて、眼底検査をしてくれます。多くの場合は後部硝子 ...

続きを読む

マジカルアイで視力は改善するか?

前回、2020/8/29[見るだけで視力がよくなる本]https://meisha.info/archives/354について私見を披露しました。その際に検討した[目が良くなる風景写真]の本では、遠景の写真であっても手元 ...

続きを読む

甲状腺ホルモンと甲状腺眼症

2020/8/2からスタートした本ブログは9/2まで1カ月間、毎日新しい話題を投稿してきました。2日間お休みをしましたが、今後は週に数点ずつ投稿を増やしていこうと思います。内科でバセドウ病の治療がうまくいって、ホルモンの ...

続きを読む

眼圧が高くないのに何故、緑内障?

眼科クリニックでよく聞かれる会話です。患者:[人間ドックの眼底写真で緑内障の疑いといわれました。しかしその時の眼圧は右も左も14mmHgで正常範囲だといわれました。眼圧が高くないのに緑内障ということがあるのですか?]眼科 ...

続きを読む

白内障の手術結果に満足できない原因

白内障の手術を受けたが、症状が改善しなかったと訴える原因のひとつとして、老視による見えにくさを白内障のためだと誤って判断した可能性を、2020/8/4の投稿:白内障VS老視https://meisha.info/arch ...

続きを読む

お蔵入りになる累進レンズメガネ

老視は加齢による調節力の低下です。多くの場合、裸眼では手元のスマートフォンの文字などがぼやけて読みづらくなります。百円均一ショップなどには+1.0Dから+5.0Dまで0.5D刻みで、出来合いの老眼鏡が揃っています。これを ...

続きを読む