• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

患者さん向け

診断書と視覚障害認定基準

網膜色素変性の患者さんから依頼される診断書 進行性に視野が狭窄し矯正視力も不良となることのある網膜色素変性https://meisha.info/archives/726の患者さんからは、以下の申請のための診断書を依頼さ ...

続きを読む

眼皮膚白皮症 OCA

Albinism、白子症、白皮症、アルビノ Albinismはメラニン色素の合成が障害されて皮膚/毛髪や眼球の色が薄くなる遺伝病です。https://www.nanbyou.or.jp/entry/4493眼科では白子症 ...

続きを読む

近視、遠視、乱視、老視、弱視、複視、歪視

このような[~視]という眼科用語は多くの患者さんにもなじみがあると思いますが、必ずしも正しくは理解がされていないようです。このうち近視、乱視、遠視は屈折異常で老視は調節異常です。 屈折異常 屈折異常は見ようとする外界目標 ...

続きを読む

健眼遮閉

弱視は乳幼児期に[視力の発達が障害されるために起こる低視力]です。https://www.jasa-web.jp/general/medical-list/amblyopiaここでいう低視力は裸眼視力ではなく矯正視力です ...

続きを読む

眼球運動は回転運動

頭位異常 頭位異常の種類として、頭部傾斜head tilt、顔回しface turn、顎上げ/引きchin up/downがあります。これらは三次元空間内の顔の向きのことで、前後、垂直、水平の直交する3本の軸周囲の頭部の ...

続きを読む

Sagging eye症候群 SES の認知度と眼窩プーリー

sagging eye症候群SES: sagging eye syndrome https://meisha.info/archives/2663の症状は両眼での複視ですが、像のズレがわずかなため多くの患者さんは[二重に ...

続きを読む

上下斜視と斜頸

斜視と斜頸 両目の位置関係が異常の斜視strabismusだと思って眼科を受診すると、斜視だけでなく顔の左右への傾き、すなわち斜頸torticollisを指摘されることがあります。しかもその斜頸は斜視が原因だと説明される ...

続きを読む

上下斜視と非共同性斜視

内斜視と外斜視 眼位の異常である斜視では片目が外にズレる外斜視(図上段)や内にズレる内斜視(図下段)が一般的です。眼球運動に関わる外眼筋の麻痺はなく、左右の目は自由に動かすことができます。その結果右目で固視すれば左目がズ ...

続きを読む

小児の白内障

白内障は目の中の透明なレンズである水晶体が濁る高齢者に多い目の病気です。https://meisha.info/archives/48高齢者の白内障は、現在では比較的容易に手術できてhttps://meisha.info ...

続きを読む

睫毛抜去(しょうもうばっきょ)と逆さまつ毛手術

本来眼球から遠ざかる方向に向かって生えるまつ毛が、角膜に向かって生える逆さまつ毛https://meisha.info/archives/1148では、まつ毛の先端が角膜を刺すため異物感や眼痛を生じ、角膜上皮びらんhtt ...

続きを読む