• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

調節性内斜視と近見反応

小児期にみられる内斜視の多くは調節性内斜視で、通常1.5~4歳頃発症します。(まれに1歳未満で発症し乳児調節性内斜視と呼ばれます。)
四宮加容: 調節性内斜視の眼鏡処方  あたらしい眼科 37:911-6.2020

調節麻痺下屈折検査と完全矯正メガネ

診断にはアトロピン点眼https://meisha.info/archives/5133による調節麻痺下屈折検査が重要で、検出される遠視を完全矯正したメガネを装用することで内斜視が消失または軽減します(図下)

調節性内斜視患者さんの眼位が遠視の完全矯正で改善することには近見反応が関係しています。

近見反応

正視で眼位異常のないヒトが遠方視するとき、左右眼の視線は平行で遠方からの平行光線は中心窩に集光します(図左)
この状態で近くの対象を注視すると交差性複視を生じるので、無意識のうちに図右のように両側の内直筋が緊張して輻湊します。
同時に毛様体筋が緊張して水晶体の厚みが増し網膜像にピントが合う調節が連動します。
さらに瞳孔括約筋が収縮して縮瞳するので、球面収差、色収差が減少して焦点深度が深くなり像の鮮明度が増します(図右)

近方視でのこれら輻湊、調節、縮瞳の3つは大脳レベルでの制御により連動して起こる反応で近見反応と呼ばれます。
浅川賢: 近見反応 測定装置と方法. 眼科 61:253-9.2019

調節性内斜視の病態

調節性内斜視で遠視が未矯正だと、調節なしでは平行光線の集光位置が網膜後方になるため像がぼやけます(図左)
そこで調節によって水晶体の厚みを増加させますが、連動して輻湊運動を生じるため、視線が眼前で交差する内斜視になります(図中央)
しかし完全矯正メガネを装用すれば調節の必要がないので輻湊が解除されて眼位は正位でいられます(図右)