• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

黄斑円孔の求心性のゆがみ

黄斑円孔とは

黄斑は眼底の中央部に位置します。
その中心の網膜に穴があいて視力が下がる病気が黄斑円孔です。
加齢に伴って60歳代付近の高齢者に多く発生しますが、眼を強くぶつけるなどの外傷によって起こることもあります。
眼底検査をすると黄斑中心の穴が赤くみえます。
光干渉断層計(OCT)では最外層の網膜色素上皮を除く残りの網膜が欠如した穴であることがわかります。
欠如した網膜には光を感じる視細胞の層が含まれます。

ゆがみが主症状

黄斑円孔では通常0.1程度の不良な矯正視力になりますが、患者さんが最もよく訴える症状はゆがみ(変視症という)です。
しかもそのゆがみは図のように中心に集まるような特徴的なゆがみ方です。
穴の部分には光を感じる視細胞がないので、図のように視野中心の鼻が黒く見える中心絶対暗点になると想像されます。
しかし実際に患者さんに尋ねると、黒くはないのにまるでブラックホールに吸い込まれるように鼻が消えていると言います(残念ながらそのような画像変形がうまくできず、具体的な絵としてお見せできませんでした)。
これは何故でしょうか?

ピンクッション変視症

黄斑円孔で求心性に集まるようなゆがみになるメカニズムを世界で最初に報告したのは大阪大学の齊藤喜博先生です。
Saito, Y., et al. (2000). “The visual performance and metamorphopsia of patients with macular holes.” Arch Ophthalmol 118(1): 41-46.
先生はアムスラーチャートという碁盤目の方眼紙を術前の黄斑円孔患者さんに見せて、どのようにゆがむのかを詳しく聞き出しました。
その結果、発症後6ヶ月未満や程度の軽い黄斑円孔では、求心性のピンクッションと呼ばれる変視症を訴えることが多く、中心暗点は検出できないことが多いことを確認しました。
ソファーの背あてに使うクッションの中央をピンで突き刺すと、図のようなしわができます。
ピンクッションというのはそのしわのような歪み方という意味です。

黄斑円孔では網膜の裂け目が遠心性に周囲に広がっていきます。
本来中心にあった視細胞が周辺に移動して、そこに映る鼻周囲の皮膚の像が中心にあるように脳が判断するため求心性で中心暗点のないゆがみになります。
詳しくは上記論文をお読みください。