• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

結膜母斑 Conjunctival nevus

小児期に白目に発生する扁平あるいは低いドーム状のできものの多くは結膜母斑です。

部位と色調

多くは上下のまぶたに挟まれた眼球結膜にみられますが、眼瞼結膜涙丘部みられることもあります。
母斑というと黒いほくろをイメージしますが、色素沈着の程度はさまざまで、無色素のものから褐色さらには濃い黒褐色までさまざまです。

嚢胞

細隙灯顕微鏡では結膜母斑の多くで、大小の嚢胞図の点線矢印)が多数観察されます。
前眼部OCTでは無反射の空洞像として観察され、腫瘤の深部に向かうにつれて大型化します。
嚢胞の存在は悪性腫瘍である結膜メラノーマとの鑑別に重要です。
加瀬諭: 結膜母斑. In: 後藤浩 & 小幡博人 (Eds): 眼病理アトラス(眼疾患アトラスシリーズ4). 総合医学社, 76-77, 2020.

結膜母斑の病因

皮膚にできるメラノサイト系の母斑は、母斑細胞性母斑真皮メラノサイト系母斑に分類されます。
母斑細胞(nevus cell)はメラノサイトあるいはシュワン細胞のいずれにも分化できなかった発生時の神経堤(neural crest)由来の未熟な細胞を指します。
https://shimizuderm.com/textbook03/pdf/20-01.pdf
結膜母斑もこの母斑細胞が異常増殖した結果と考えられます。