• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

結膜嚢胞

結膜嚢胞は球結膜の水膨れ様の変化で、結膜上皮細胞で内面が覆われたepithelial inclusion cystです。
Shields JA, Shields CL. Atlas of eyelid and conjunctival tumors: Lippincott Williams & Wilkins; 310-1. 1999

結膜円蓋部の結膜嚢腫

一方、結膜嚢胞は球結膜ではなく結膜円蓋部に見られることもあり、結膜腫瘍や眼窩脂肪ヘルニアhttps://meisha.info/archives/1303との鑑別が必要になることがあります。
原因として眼瞼結膜に存在する副涙腺由来の貯留嚢胞の可能性が指摘されています。
江口功一. 結膜嚢胞. In: 大島浩一, 後藤浩, eds. 知っておきたい眼腫瘍診療(眼科臨床エキスパート). 東京: 医学書院.259-61. 2015

症例:18歳男性

3年前から左目内側の白目の隆起に気づいていましたが、他院で撮影したMRIにて結膜嚢胞ではないかとして紹介されました。
左の内側上方の円蓋部結膜が膨れて混濁した液体が貯留していることが細隙灯顕微鏡でわかります。

嚢胞壁に26Gの針を刺して内容を吸引したところ、混濁した液が吸引できて、細胞診では炎症細胞が確認されました。
内容の吸引によって嚢胞のサイズは縮小しますが、嚢胞壁の腺細胞からの分泌による液の貯留は再発するので、根治させるには嚢胞壁も含めて外科的に切除する必要があります。

写真は別の症例で、嚢胞壁を結膜ごと切除して上下の結膜を寄せる手術をしました。