• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

CSCの治療:レーザー光凝固治療

中心性漿液性脈絡網膜症CSC https://meisha.info/archives/1931の一般的な治療法はレーザー光凝固です。
フルオレセイン蛍光眼底造影検査FAで確認できる蛍光漏出点を狙って、淡い灰白色の凝固斑が出る程度の弱いレーザー光凝固を行います。

症例:37歳男性、左眼矯正視力1.2

左上の眼底写真では中心窩から上方に漿液性網膜剥離SRD(白矢印)が見られます。
FAを行うとSRDの上方にインクブロット様の漏出点が確認できます。
下段左はFAの3週間後に施行したレーザー光凝固直後の写真で、黒矢印で示す淡い白色が凝固部位です。
スポットサイズは300µm、0.3W程度で淡い白濁が生じた時点でフットペダルを離します。
FAの5週間後のカラー眼底とOCTではSRDがほぼ吸収されています。
黒矢印で示される凝固部の瘢痕はほとんど確認できない程度です。

レーザー光凝固のコツ

治療ではFAの蛍光漏出部位を間違いなく凝固することが重要です。
レーザー用のコンタクトレンズでは倒像の眼底を観察するので、図のような倒像の写真をPPTで作成して、これをレーザー凝固機の横のディスプレイに映して確認しながら凝固します。
凝固後には再度写真を撮影してFAの蛍光漏出部がカバーされていることを確認します。

レーザー光凝固の治療機序

レーザー凝固された部位の網膜色素上皮RPE細胞は脱落します。
その後、周囲のRPE細胞が分裂増殖して凝固部位をカバーすると脈絡膜から網膜下への漿液の漏出がストップします。
貯留していた網膜下液はRPE細胞のポンプ機能で脈絡膜側に排出されるために、SRDは消失して治癒に向かいます。