• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

マスクトバイラテラル:MBSOP

MBSOP: Masked bilateral superior oblique palsyは日本語に訳すと不顕性両眼性上斜筋麻痺となりますが、普及していないので、カタカネで[マスクトバイラテラル]と呼ばれることも多いです。
片眼性の上斜筋麻痺https://meisha.info/archives/2121だと診断して手術した後に、隠れていた他眼の症状が顕性化して、本来、両眼性の上斜筋麻痺だったことがわかる臨床例を指します。
Erkan Turan K et al: Are we overlooking masked bilateral congenital superior oblique palsy in children: is it possible to diagnose before surgery? Int Ophthalmol 38: 1653-1657, 2018.
MBSOPだとわかった後に、2度目の手術が必要になることが問題です。
しかし初診時にMBSOPと診断して、一回の手術で済ませることができた1例報告が発表されるように、初回手術前の診断は困難です。
太根ゆさ 他: 一度の手術で水平・上下・回旋偏位の矯正が可能であった両眼上斜筋麻痺の一例. 眼科臨床紀要 14: 88-93, 2021.

症例:3歳女児

3歳児検診で視力屈折異常を指摘され、近医眼科を受診、軽度の不同視(矯正視力:1.0/1.0、屈折:+1.5D/0D)と診断されました。
その際に左上斜視と右への斜頸を指摘され、頭部傾斜試験(BHTT)は左で陽性で、左の先天上斜筋麻痺疑いとして大学病院に紹介されました。
過去の写真では2歳くらいから斜頸がみられています。

大学での初診時

右への頭部傾斜head tilt、顎をひいてchin down、右へ顔回しface turnする斜頸が確認できます。
上斜筋の作用方向である内下転とは逆の外上転位を左目がとる頭位異常です。
眼底写真での外方回旋ははっきりしませんでした。
MRI検査では左の上斜筋断面が右に比べて小さく委縮していました。

1回目手術:左眼

25△(プリズムジオプター)の左上斜視も確認されたので、左目の下斜筋後転+上直筋後転4mmを行いました。
手術後、軽度の右上斜視と術前とは逆の左への頭部傾斜が目立つようになりました。

術前は目立たなかった右眼の下斜筋過動IOOAも見られるようになり、母親も左斜頸と左目の上転が気になると言います。
頭部傾斜試験BHTTでは右傾斜で陽性となりました。

2回目手術:右眼

MBSOPと診断して2回目の手術を行いました。
右上斜視はシノプト9方向眼位の正面視では3度程度だったので、右眼の下斜筋後転のみ行いました。
2回目の手術の1年後には眼位、頭位ともに正常になりました。

MBSOPの機序

両目の先天上斜筋麻痺が左右同程度であれば左右が釣り合って眼位の上下ズレは生じません。
また左右どちらに斜頸しても効果は同じなので斜頸は目立ちません
しかし上斜筋麻痺の程度に左右差があると、当初は重い方の側の上斜筋麻痺症状が前面に出ます。
手術でそれを解消すると、隠れていた軽度の麻痺側の目の症状が顕性化してMBSOPだったとわかることになります。