• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

白内障の程度

白内障は細隙灯顕微鏡でみた水晶体の断面像で診断しますhttps://meisha.info/archives/976が、その判断結果は必ずしもクリアカットではありません。
写真は矯正視力1.0で無症状の目の細隙灯顕微鏡像です。
赤矢印で示す水晶体皮質と水晶体核の境目部分はやや白っぽくみえます。
これを白内障と診断するか、正常範囲内の光の散乱と判断するのかは、眼科医によって異なります。

わずかの濁りは珍しくない

散瞳して細隙灯顕微鏡で水晶体を観察すると、水晶体の周辺部まで観察できます。
また水晶体の前面から後面までは4-5ミリメートルと、かなりの奥行きがあります。
その広い範囲を丁寧に観察すると、見え辛さの自覚のない視力正常な目でもわずかな濁りが、通常ひとつやふたつはみつかります。
それをそのまま伝えると多くの患者さんは[えー!白内障があるのですか?!!]とショックを隠せないようです。

白内障の有無ではなく場所と程度が問題

患者さんからも[両眼ともよく見えているのですが、私の眼には白内障があるのでしょうか?白内障になっていると心配です。]という質問をよくされます。
それに対しては、以下のように答えています。
[白内障があるかないかは診察する眼科医によって判断が異なることがありますがそれは問題ではありません。散瞳してよく探せば、わずかの白内障がみつかるかもしれませんが、気にする必要はありません。白内障はあるかないかではなく、程度と濁りの場所が問題です。水晶体の中央付近にある程度の濁りがあって、それによって見辛かったりまぶしさの原因になったりしていれば手術を検討します。]