• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

細隙灯顕微鏡による白内障の診断

白内障は高齢者にみられる代表的な目の病気で、眼球内の透明なレンズである水晶体が白く濁ります。
しかし眼球のセンターラインに並ぶ角膜、前房、水晶体、硝子体はすべて透明なので、正面からの平面的な観察では、これら透明組織のどれが濁っているのか判断できません。

図の実線矢印で示すひとでのようにみえる部分が白内障による濁りです。
(点線の矢印の白い丸は光の反射によるアーチファクトです。)
しかしこの写真ではこの白い濁りが水晶体にあるのか、あるいは水晶体の前方の角膜や前房内にある濁りなのかがわかりません。

細隙灯顕微鏡

そこで、眼科医は細隙灯顕微鏡という機械で患者さんの眼球を観察します。
細隙灯とは細い縦方向の隙間を通過するスリット光のことです。
スリット光で左斜め前方から照らして、その光が通過する点線矢印での断面像を、対物レンズと接眼レンズからなる顕微鏡で拡大して正面から観察します。

核白内障の目の細隙灯顕微鏡写真

同じ眼球内の透明組織でも、水に近い液体(房水)で満たされた前房や、水分99%のゲルで満たされた硝子体は、正常であれば光をほとんど散乱しないので黒くみえますが、透明であっても内部に光をわずかに散乱するコラーゲン線維を含む角膜や、水晶体線維細胞などを含む水晶体は淡く白い断面として観察されます。
図は核白内障の目で、水晶体の断面の中心が特に白く濁っているのがわかります。