• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

マイボーム腺嚢胞

大きい霰粒腫やびまん型の霰粒腫では手術を行い、原因となった油脂を掻き出します(霰粒腫摘出術)。
https://meisha.info/archives/627
その場合手術後、同じ場所から再発することはあまりありません。
しかし霰粒腫の手術を受けたのに何度も再発を繰り返すとして、大学病院の眼科に紹介されてくる患者さんがいます。
その原因のひとつは悪性腫瘍のマイボーム腺癌ですが、もうひとつはマイボーム腺嚢胞(マ嚢胞)という病気です。

マイボーム腺嚢胞

マイボーム腺嚢胞は瞼板内のマイボーム腺の導管を作る重層扁平上皮でできた袋(嚢胞)です。

吉川洋. 霰粒腫と瞼板内角質嚢胞(マイボーム腺嚢胞). In: 大島浩一, 後藤浩, eds. 知っておきたい眼腫瘍診療(眼科臨床エキスパート). 東京: 医学書院.204-10. 2015

袋の内面を覆う細胞は、皮膚の表皮細胞と同様で、角化して角質になり剥がれて垢になります。
英語ではIntratarsal keratinous cyst(瞼板内角質嚢胞)と呼ばれます。
霰粒腫の摘出術で皮膚または眼瞼結膜を切開すると出てくるのは油ですが、マイボーム腺嚢胞を切開して出てくるのは角質である垢です。

内容物を掻き出しただけでは再発する

霰粒腫では異物肉芽腫性の炎症の原因となる油をきれいに掻き出せば治癒します。
しかしマイボーム腺嚢胞では内容物を残らず除去しても、嚢胞壁が残れば上皮細胞が分裂増殖して再び角質(垢)を貯め込むので必ず再発します。
再発させないためには嚢胞の壁を含めてすべて取り除く必要があります。
手術で皮膚を切開すると白色のドーム状の嚢胞の壁が見えてきます。
嚢胞壁は瞼板につながっているので、瞼板組織を一部けずって残さず嚢胞を全摘する必要があります。

マイボーム腺癌については別の機会に紹介します。