• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

プリズムメガネ

光を収束あるいは発散させる凸または凹レンズに対して、プリズムには光の方向を変える働きがあります。https://meisha.info/archives/922
メガネに組み込むプリズム貼り付ける膜プリズムは、共同性あるいは非共同性斜視の検査や治療に利用されています。

小児での利用

乳幼児期の斜視患者の治療目標は両眼視機能の維持と発達です。
そのためには左右眼の視線のズレをなくして、両目の視線が目標に向かうよう保つことが重要です。
比較的小さい斜視角であればプリズムを組み込んだメガネを常用させます。
外斜視であればレンズの鼻側が厚くなるbase inプリズムで、内斜視では耳側が厚くなるbase outプリズムとします。

図は左右のレンズにそれぞれ10△ base inのプリズムを組み込んだ外斜視患者用のメガネで、レンズの内側の縁がかなり厚くなることがわかります。

メガネ組み込みのプリズムは片眼10△以上はかさばって実用的ではないので、プリズムを細かく分割して膜に張り付けた膜プリズムを利用します。https://meisha.info/archives/922
ただし図にみられる細かい縦線(水平斜視の場合)が視界の邪魔で外見的にも見苦しいので、斜視手術までの限定使用とすることが多いです。
さらに手術後の過矯正あるいは低矯正のため両眼視が確保できない場合にも、膜プリズムで補正します。

成人の非共同性斜視

一方、すでに両眼視機能が完成している成人の非共同性斜視、あるいは代償不全の共同性斜視では、複視の解消が治療目的になります。
その場合もプリズムメガネは斜視手術を代替する治療手段あるいは手術後に残存する眼位ズレを微調整する手段として有用です。

回旋複視

プリズムメガネの弱点は回旋複視です。
滑車神経麻痺甲状腺眼症https://meisha.info/archives/423でみられる回旋複視https://meisha.info/archives/1542はプリズムでは解決できません。
プリズムメガネで水平あるいは上下複視をなくしてもなお像のズレの訴えが残る患者さんでは、回旋複視をチェックする必要があります。