• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

光の方向と色光で調べる網膜/視神経の機能

認知症の89歳男性、Aさんは最近よく見えなくなったと訴えて、家族に連れられて病院を受診しました。
右目は真っ白に濁った白内障で眼圧は15mmHgです。
左目は10年以上前に受けた白内障手術で眼底はよく見えますが視神経が蒼白で眼圧が35mmHgと上昇していました。
Aさんは左目の白内障手術以後、眼科にはかかっていませんでした。
認知症のため視力は正確には測定できませんが、両眼とも光覚弁程度です。
おそらく右目は白内障でかなり前から見えず、少し前までは左目が見えて生活できていたのが、左目の緑内障の進行で視野が徐々に失われて見えなくなったと判断しました。

右の白内障手術でみえるようになるか?

家族は右目の白内障の手術を希望したので、超音波Bモード検査を行い右目に網膜剥離がないことは確認しました。
しかし緑内障など視神経の病気や網膜の委縮が右目にあれば、失明同然の左目同様見えるようになりません。
認知症のため手術となれば通常の局所麻酔ではなく全身麻酔が必要で患者さんの負担も少なくありません。
折角苦労して手術をしても見え方が変わらなかったのではがっかりです。
そこで行ったのがlight projection testcolor perception testです。
白内障などで眼底のようすが不明の目の網膜と視神経のおおまかな機能を調べる簡易検査です。

光方向当て検査 light projection test

反対の目を手で隠し、暗室にて眼底検査で使う倒像鏡の強い光を白内障の目の上下左右の各方向から照らして、光が来た方向を患者さんに答えてもらうものです。
緑内障でほぼ失明の左目では方向を答えられませんでしたが、白内障の右目では方向を正しく答えることができました。

光の色当て検査 color perception test

次に同様に反対目を隠して白内障の目の正面から赤、青、緑の色のついた光を照らして、その色を答えてもらいました。
Aさんは緑内障の左目では色を答えることができませんでしたが、白内障の右目では正答したので、Gross color visionありと判定しました。

Steinert RF. Cataract surgery 3rd ed: p29 Saunders Elsevier. 2010

以上の検査から白内障の右目は緑内障の左目よりも網膜、視神経機能が良好であると判断され、手術を決定しました。
手術後、右目の眼底には大きな異常がみられず、認知症のために正確な視力評価は困難ですが、行動からはよく見えていることが明らかでした。