• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

糖尿病性動眼神経麻痺

眼球運動を司るのは動眼、滑車、外転の3つの脳神経(3,4,6番)です。
その麻痺による眼球運動障害は眼運動神経麻痺と呼ばれます。

眼運動神経麻痺の原因

683例の眼運動神経麻痺の原因を調査した結果は表のごとくであったと報告されています。
宮本和明: 眼運動神経麻痺をみたら. あたらしい眼科 30:753-9.2013
いずれの脳神経麻痺でもトップは血管性で原因の40-50%を占めました。
血管性というのは、神経を栄養する血管の微小循環障害による神経の虚血です。
第2位は障害される脳神経によって特徴が分かれ、動眼神経麻痺では脳動脈瘤、滑車神経麻痺では先天性、外転神経麻痺では脳腫瘍という結果でした。
ただし先天性滑車神経麻痺とされたものの多くは先天性上斜筋麻痺の代償不全で、正確には脳神経の麻痺ではありません。

眼運動神経麻痺の自然回復

臨床的に重要な点は、いずれの脳神経であっても血管性の眼運動神経麻痺はほとんどの例で自然回復するということです。
3カ月までに60%が、6か月までに90%がほぼ完全に回復しました。
それ以外の原因である脳動脈瘤、脳腫瘍、外傷によるものではそれほどの回復はありませんでした。

糖尿病性動眼神経麻痺

血管性眼運動神経麻痺の危険因子としては、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化があります。
そのうち糖尿病が最も重要で古くから糖尿病性眼運動神経麻痺あるいは糖尿病性眼筋麻痺として報告されてきました。
その発症は糖尿病の罹病期間、コントロール状態、網膜症の有無や程度とは明らかな相関がみられないとされています。
ただし病理学的報告が乏しいため、その病態は十分に明らかにされていません。

糖尿病性動眼神経麻痺の病理報告

糖尿病性眼筋麻痺の剖検例での病理報告は、1957年から1970年にかけて米国で3報あり、その内容は下記の日本語論文に詳しく紹介されています。
藤井義和, 高橋昭, 竹沢英郎: 糖尿病性眼筋麻痺. 神経内科 23:122-34.1985
いずれも動眼神経麻痺を生じた後、3週から4カ月後に死亡した糖尿病患者の結果です。
2例は海綿静脈洞内、1例はくも膜下を走行する部位での動眼神経が腫大していて、動眼神経の断面では中心部に強い脱髄と軸索の減少などの変化がみられています。
2例で支配する栄養血管の内腔の肥厚と狭小化、あるいはヒアリン変性肥厚が観察されています。
血管性眼運動神経麻痺の予後が良好である原因として、脱髄による変化が主体で軸索障害が少ないため、あるいは軸索が障害されても末梢神経である眼運動神経の軸索再生の障害が血管性では小さいことが推測されます。