• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

眼球に注射する加齢黄斑変性

大学病院には加齢黄斑変性の患者さんがよく紹介されてきます。
この病気に対する一般的な治療は抗VEGF薬と呼ばれる高価な薬剤の硝子体注射です。
硝子体注射は眼球、すなわち目の玉に直接針を刺す注射です。
[目の注射]というだけで恐れをなして治療を断念する患者さんもいますが、
具体的な内容を理解すれば恐怖も少しは和らぐと思います。

目への注射部位

目の注射には眼球というボールの壁の外への注射と壁の中への注射があります。
眼球の壁は角膜と強膜です(図の青色部分)。
加齢黄斑変性では、後方の白い強膜に針を刺して壁の中の硝子体に注射します。
外径0.3ミリメートルの細い30ゲージの針を使い、点眼麻酔するので痛みはほとんど感じません。
注射する量は0.05ミリリットルで点眼液1滴程度です。
注射当日は顔を洗ったりせずに注射部位からの感染に気を付けてもらいます

硝子体注射で治療するのは滲出型の加齢黄斑変性

加齢黄斑変性には委縮型と滲出型の2種類があります。
委縮型では網膜の中心である黄斑の視細胞が進行性に脱落し地図状委縮とも呼ばれます。
変化は何年にもわたって徐々に進行し、最終的には図のように相手の顔やTVの画面が見えなくななる中心暗点が完成します。
残念ながら委縮型の効果的な治療はありません。

一方、滲出型では黄斑に悪玉の新生血管が生えるタイプです。
出血や浮腫を繰り返すことで治療しなければ、急激に中心暗点を生じて見えなくなります。
滲出型の治療には新生血管を抑えて浮腫をひかせる抗VEGF薬の硝子体注射が行われます。