• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

デマル氏開瞼鈎

眼外傷の患者さんや斜視の術翌日の子供の患者さんの診察では、まぶたが腫れたり、痛がったりして患者さんの眼球の状態を観察できないことがあります。
そのような場面で便利なのがデマル鈎(デマル氏開瞼鈎)です。

図のように左手にもって上まぶたにひっかけ、右手で手持ち細隙灯顕微鏡を持てば、助手なしで診察できます。
また眼窩底骨折の患者さんでまぶたが腫れて開瞼できないときの眼球運動のチェックも容易です。
2本用意して上下のまぶたに掛ければ結膜円蓋部近くまで観察できます。

点眼麻酔は不要

デマル鈎をかける際にベノキシール点眼麻酔をするのを見かけますが、点眼麻酔は不要です。
金属表面はなめらかなので、麻酔なしで引っ掛けても角膜の痛みはありません。
自分の目で一度試してみればわかります。
右の図は私が点眼無しで自分で右目の上眼瞼にデマル鈎をかけて撮影してもらった写真です。
術後の子供は点眼麻酔のベノキシールをさした時のしみる感じのほうが問題です。
その後の診察を拒否されることがあるので、点眼せずにデマル鈎をかけてみてください。

おまけの話
デマル鈎だけでなく、開瞼器も試しましたが点眼麻酔なしでかけることができます。