• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

スマートフォンによる急性内斜視

スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機など、デジタルデバイスの使い過ぎによって急性発症する内斜視が注目されています。
医学的には急性後天共同性内斜視(AACE)と呼ばれるタイプの内斜視です。
AACEにはそのほか
1. 融像遮断によるもの
2. 心身のストレスが誘因となるもの
3. -5D以下の近視の低矯正によるもの
4. 頭蓋内病変によるもの
が以前より知られていますが、最近、スマートフォンなどの使用に関連して発症するAACEが注目されています。
吉田朋世、仁科幸子 (2019). “急性後天性共同性内斜視.” あたらしい眼科 36: 995-1001.
その発症機序はまだ明らかにはなっていません。

コロナでの休校によって発症した急性内斜視

最近経験した症例は15歳男子。
それまでも平日は帰宅後、寝るまで5-6時間/日くらいはスマートフォンを使用していました。
3月下旬、起床時から複視を自覚し、近くの眼科医を受診して急性内斜視の診断となりました。
コロナ自粛で発症前の2週間くらいは17時間/日、スマートフォンを20センチメートルの距離で見ていました。
発症後、スマートフォン使用を30分/日程度に制限しましたが、改善がみられず、4カ月後大学病院の眼科を紹介されてきました。
RV = 1.5 (n.c.)
LV = 2.0 (n.c.)
nRV = 1.0
nLV = 1.0
外転を含め、眼球運動制限はみられません。
同側性複視を自覚し、像のズレは側方視でも不変です。
遠見、近見ともに25△base outの眼位ズレで、10 + 15 △base outのプリズム装用で遠近とも複視は消失します。
片眼帯または素通しメガネに膜プリズム貼付で経過みて改善なければ手術の予定です。