• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

フルオと蛍光

フルオレセインナトリウム

眼科医が使用する細隙灯顕微鏡の台の横には端が橙色の小さなろ紙の短冊が用意されています。
これはフルオレセインナトリウム(フルオ)という蛍光色素を染み込ませたろ紙です。

黄緑色の蛍光を発する涙

眼科医はこのろ紙に点眼液を1滴垂らして湿らせた後、患者さんの結膜に触れて涙を染色します。
暗室で患者さんの目を青色光で照らすと、涙が黄緑色の蛍光を発して鮮やかに観察できます。
図では角膜の表面の涙の薄膜が黄緑色の蛍光でうっすら染まっています。
下まぶたの縁に見える弧状の黄緑色は角膜とまぶたの間に溜まった涙で、涙液メニスカスと呼ばれます。
眼科医は涙液メニスカスの高さ(正常で0.2ミリメートル、あたらしい眼科30: 1750-1753, 2013参照)を測って、涙目、渇き目を判断します。

青い光を吸収して黄緑色の蛍光を放出するフルオ

涙が可視化できるのは蛍光色素であるフルオが波長の短い青色の光を吸収して、それよりも波長の長い黄緑色の光を放出するためです。
実際に暗室で青色光を当てると、フルオが染み込んだ脱脂綿は鮮やかな黄緑色を発して、フルオを含んでいない部分から際立って見えます。
フルオと蛍光の詳しい説明は飯島裕幸著:[これで納得 目の検査]を参照ください。
https://www.gentosha-book.com/products/9784344928879/

フルオは角膜の傷を染める

角膜に傷ができるとフルオはそこにくっつくので、傷の範囲が確認できます。
図は角膜上皮全層が剥がれる角膜上皮剥離で、角膜中央が不規則な円形に強く染まっています。
そのほか角膜上皮びらんや単純ヘルペスウィルスの感染で生じる樹枝状角膜炎の診断にもフルオによる蛍光染色が使われます。

フルオを使う蛍光眼底造影検査

フルオは注射薬として静脈注射すると10数秒後に眼底の網膜血管に到達します。
眼底カメラの照明光を青色光にして、黄緑色光を選択的に通過させるフィルターを使用して撮影すると、フルオが充満する網膜の血管像が毛細血管のレベルまで画像化できます。
これは網膜の毛細血管に異常を示す糖尿病網膜症の診療に有用です。
糖尿病網膜症では毛細血管のコブ(毛細血管瘤)や毛細血管の脱落(無灌流野)、それにフルオがにじんで漏れ出す網膜新生血管の様子がわかります。