• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

白内障 VS 老視

[最近見えにくくなった]と訴えて眼科を受診する高齢の患者さんの多くは、白内障か老視(老眼)です。
老視は近用眼鏡(老眼鏡)や遠近両用メガネ(累進屈折力メガネ)で解決しますが、白内障は手術になることがあり、両者の区別(医者は鑑別という)は重要です。

老視は近方の文字のボヤケ

老視は手元にピントを合わせる機能(調節)が衰える正常な加齢現象です。
視力検査では、裸眼、あるいは度の合ったメガネをかけた状態で、5メートル先の視力表の細かい文字は読めるのに、30センチメートルの距離の本の文字がぼやけて読めません。
日常生活でも、TVの字幕は読めるのに、新聞やスマートフォンの文字がぼやけて読めないと訴えます。

白内障は水晶体の濁りによるかすみ

一方、白内障は眼球内部の透明なレンズである水晶体の濁りが原因です。
見えにくさの感じは[ボヤケ]というよりは、すりガラスや霧を通して見える[かすみ]のイメージです。
屋外でのまぶしさも初期の白内障ではよくみられます。
白内障の原因には糖尿病やアトピー性皮膚炎もありますが、多くは加齢性で高齢者に多く見られます。
診断には細隙灯顕微鏡という水晶体の断面を拡大して観察する器械を用います。
目薬(散瞳点眼薬)で瞳孔(ひとみ)を広げて観察すると、水晶体の断面に白い濁りがあり、しかもそれが瞳孔の中央に及んでいます。

白内障と老視のいずれが主因か?

手術目的で大学病院に紹介されてくる白内障の患者さんの中には、その程度が軽く見えにくい主な原因は白内障ではなく老視だと考えられる患者さんが混じっています。
その場合はもちろん手術はせずに老眼鏡をすすめます。
白内障と老視のどちらが患者さんの見えにくさの主因であるかを判断する最も簡便な方法は
[TVと新聞のどちらが見えにくいですか?]と質問することです。
両方見えにくいのであれば白内障の可能性が高く、TVを見るのは不自由ないが新聞が見にくいのであれば老視と考えられます。

通常の白内障手術では完全な老視になる

また患者さんの中には、他院で白内障の手術を受けたが、症状が改善しなかった、あるいはかえって悪くなったと訴える患者さんもいます。
診察をすると両目ともきれいに白内障手術がされていて、眼内レンズが問題なく移植されています。
裸眼での遠見視力は両目とも1.0と問題ありません。
そのような患者さんは、老視のための見えにくさだったのに、白内障による見えにくさだと診断されて手術を受けたのではないかと疑われます。
通常の白内障手術で移植する眼内レンズには調節機能はないので、術後は完全な老視になります。
そのため術後は老眼鏡なしでは近くのスマートフォンや新聞の文字は読めません。
老眼鏡なしで手元の小さい文字が読めることを患者さんが期待していたのであれば、手術でかえって見えにくくなったと感じるのも無理はありません。

コメント一覧

診察用老眼鏡セット – 目医者情報2020年8月12日 7:02 PM /

[…] 高齢者が見えにくさを訴える主要な原因は白内障と老視です。個別の患者さんでそのどちらが主な原因かを判断するためには、[TVと新聞のどちらが見えにくいか?]と質問することを[白内障 VS 老視]https://meisha.info/archives/48の記事で解説しました。さらに老視が主原因であることを確認するには、実際に老眼鏡をかけてもらって見え方が改善することを確認するのがわかりやすい方法です。実は近視ではない正視や軽度の遠視の多くの高齢者は、それまでの人生でメガネをかけた経験がありません。そのため眼科で初めて老眼鏡を掛けてみて、文字がはっきり見えると感激する高齢者は少なくありません。 […]