• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

緑内障の検査目的

眼科診療所に通院する多くの緑内障患者さんは、毎回いくつかの眼科検査を受けています。
その検査で何を調べているのでしょうか?
緑内障の外来での検査は大きく4つに分類できます。

1. 眼底検査とOCT検査:緑内障の診断

この2つの検査は緑内障の診断に必要です。
第4版の緑内障ガイドラインでは[緑内障は,視神経視野に特徴的変化を有し,通常,眼圧を十分に下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制しうる眼の機能的構造的異常を特徴とする疾患である.]と記載されています。

日本緑内障学会 (2018). “緑内障診療ガイドライン(第4版).” 日本眼科学会雑誌 122(1): 5-53.

このうち視神経は眼底の網膜神経節細胞から出る神経線維(軸索)が集まったものです。
その神経線維の眼球からの出口である視神経乳頭を眼底検査で観察します(下図左)。
また緑内障の目ではこの神経線維の層の厚みが薄くなるので、その様子をOCT検査で調べます(下図右)。

2. 視力検査と視野検査:進行程度の評価

ガイドラインにあるように緑内障の診断には視野検査も必要です。
多くの施設では光がみえたらボタンを押すハンフリー視野検査が行われます。
その結果で緑内障の進行程度が判断できます。
また緑内障では末期になるまで視力は正常のことが多いですが、白内障や角膜の障害で視力が低下することもあるので視力検査も行われます。

3. 眼圧検査:点眼治療効果の評価

正常眼圧緑内障というタイプの緑内障もあり、眼圧の異常は緑内障の診断に必ずしも必要ではありません。
しかし治療開始前の眼圧よりも低い目標眼圧を維持することで緑内障の進行を抑えることができることは証明されているので、受診の際には毎回眼圧を測定します。

CNTGS Group (1998). “The effectiveness of intraocular pressure reduction in the treatment of normal-tension glaucoma.” Am J Ophthalmol 126(4): 498-505.

4. 細隙灯顕微鏡検査と隅角検査:緑内障の病型診断、点眼副作用チェック

緑内障の治療方針はその病型によって異なります。
原発続発か、また開放隅角閉塞隅角かによって分かれる病型は、細隙灯顕微鏡と隅角鏡(右図)による観察で診断します。
下図は隅角鏡による開放隅角の写真です。
また白内障の進行や続発緑内障での炎症の再燃などもチェックします。
さらに緑内障点眼薬の副作用としてみられる角膜上皮障害や虹彩の色素沈着などもチェックしています。
このような緑内障の検査について詳しくは下記を参照下さい。
https://www.gentosha-book.com/products/9784344928879/