• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

エタンブトール視神経症

抗結核薬であるエタンブトール(EB)の眼科領域副作用として視神経症が有名です。
発症機序としてEBのもつ鉄、銅、亜鉛に対するキレート作用の可能性が疑われています。
三村治:中毒性視神経症. In 三村治, 谷原秀信, eds. 知っておきたい神経眼科診療: 医学書院.133-42. 2016
一方、肺MAC (Mycobacterium Avium Complex)症非結核性抗酸菌症(NonTuberculous Mycobacteriosis:NTM)に含まれ、近年増加傾向にあります。
EBはクラリスロマイシン、リファンピシンとともにその標準治療に含まれ、投与期間が長期にわたるため、眼科医がEB視神経症を経験する機会は増加しつつあります。

EB視神経症の症状

EBの内服開始後、4-12カ月で患者の数%に視力低下、霧視、中心暗点、両耳側半盲様視野異常、色覚異常などの症状がみられます。
治療はEBの中止ですが、投与中止後もしばらくは障害が進行する場合があるとされています。
中澤祐則:全身治療薬と眼障害、視神経障害. 眼科 61:145-51.2019

症例

非結核性抗酸菌症と診断された65歳の女性が、エタンブトール(EB)の投与開始8カ月後、両眼の見えにくさを訴えたのでEBを中止しました。
しかし2カ月経過しても改善がないため大学病院眼科を紹介されました。
矯正視力は0.5/1.0で、ハンフリー30-2視野検査では両耳側半盲様の変化でした。

細隙灯顕微鏡、眼底検査で視力障害を説明する異常は見当たりません。
MRI検査で視交叉を含む視路の異常は確認できず、視神経脊髄炎のチェックのために行った抗AQP4抗体も陰性でした。
さらに経過をみたところ、投与中止4カ月後には自覚的にもみやすくなり、視力も1.0/1.0と回復しました。
その後右の視野はほぼ回復し、左の視野に残った下方の弓状暗点はもともとの緑内障のためだと判断されました。
回復の経過はハンフリー視野のMDスロープのグラフでよくわかります。