• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

白内障の白と光の散乱

白内障は俗にシロソコヒと呼ばれます。
水晶体が白く濁り、瞳孔の部分が白く見えるためです。
ただし早期に手術されることが多い最近では、肉眼的にも白く見える白内障患者さんを見かけることは少なくなりました。

不溶化蛋白による光の散乱

白内障で見えにくくなる原因は、外界からの光が不溶化した水晶体蛋白によって散乱されて、瞳孔を通過して網膜に届く光が減るためです。https://meisha.info/archives/782
さらに斜め前方に散乱された光(図の赤矢印)が邪魔して網膜像を不鮮明にします。

すべての波長の光の散乱で白く濁る

不溶化蛋白によって散乱される光は後方にも向かいます(上図青矢印)。
太陽光には波長約400-700nmの可視光線が含まれますが、白内障ではそのすべての波長の光が吸収されずに散乱されるので、外界からみた白内障の目の瞳孔は白く見えます。
ちなみに一部の波長が吸収されて赤い布で赤色の光だけが散乱されると赤色に見えます。

盲目の目が白いのは眼球癆による角膜の白濁

映画でみる盲目の主人公の目が白いのは白内障ではなく多くは眼球癆のために角膜が混濁しているからです。
眼球癆では眼球全体あるいは眼球前部の機能が低下して房水が産生されないために、角膜の透明性が低下して白く濁ります。

角膜の病気である角膜白斑でも角膜が白くなります。