• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

核白内障と近視化

白内障は混濁部位によって皮質白内障、核白内障、後嚢下白内障に大別されます。
細隙灯顕微鏡のスリット光を狭くして水晶体断面を観察することで、濁りの主体が水晶体中央の核か、その前後の皮質かは、比較的容易に診断できます。
これに対して後嚢下白内障では、透明な後嚢に接するわずかの厚みの水晶体皮質が混濁するのみで、断面観察での診断は困難です。
スリット光の幅を広げて、後嚢面からのすりガラス様の反射像を観察することで診断します。

核硬化と近視化

核白内障では水晶体核の混濁によって矯正視力が低下するだけでなく、近視が進行することが知られています。
Brown NA, Hill AR: Cataract: the relation between myopia and cataract morphology. Br J Ophthalmol 71: 405-414, 1987.
核硬化によって水晶体の屈折率が増大する屈折性近視https://meisha.info/archives/933のメカニズムです。

酸化と核硬化

水晶体の核硬化核白内障は老化による水晶体蛋白の酸化で進行しますが、高圧酸素療法hyperbaric oxygen therapyでも生じます。
Beebe DC: The lens. In: Levin LA et al (Eds): Adler’s physiology of the eye 11th ed. Saunders, Elsevier, 131-163, 2011.
同様の酸化による核硬化が、水晶体を温存して行う硝子体切除術でもみられます。
硝子体ゲルが房水に置き換わることで、前房水に溶解している酸素が水晶体後嚢側から容易に水晶体蛋白に届いて、水晶体蛋白の酸化を促進すると考えられます。

症例

Mさんは44歳の時、裂孔原性網膜剝離で左眼の硝子体手術を受けました。
もともと強度近視でしたが、他眼も同程度の強度近視だったので水晶体は温存しました。
3年後に左眼の核白内障が進行した際に、4.5Dの近視の進行がみられました。