• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

近視の種類:軸性近視と屈折性近視

近視の目は手元のスマートフォンの文字は裸眼で読めますが、黒板の文字はぼやけて読み取れません。
近見裸眼視力は良好ですが遠見裸眼視力が不良です。https://meisha.info/archives/300
これは近視では、近くからの開散光線は網膜上に焦点を結ぶのに対して、遠方からの平行光線は網膜の前方に焦点を結ぶためです。
その理由は以下の2つのいずれかです。
1. 凸レンズ作用のある角膜と水晶体のいずれか、あるいは両者の屈折力が強すぎる
2. 網膜の位置が角膜や水晶体から遠い

1. は屈折性近視と呼ばれ、円錐角膜や球状水晶体と呼ばれる特別な病気でみられます。
図上段の正視の目に比較して、中段の目の角膜は前方に突出してカーブが急峻です。
また水晶体も厚いので、角膜、水晶体ともに凸レンズ作用がより強く、その結果、平行光線の集光位置は網膜の前方になります。
2. は軸性近視と呼ばれます。
角膜中央の前縁から網膜の中心窩までの眼軸長は標準的には24ミリメートルですが、これが延長するために網膜の前方で集光します。

軸性近視

眼軸長が1ミリメートル伸びると近視の度数はおよそ3D(ジオプター)増加します(眼軸長が28ミリメートルの目では-12D程度の近視になります)。
図は左目だけが強度の軸性近視の患者さんのMRI画像です。
赤の点線で示す左目の眼軸長が右目よりも長いのがわかります。