• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

結膜嚢胞の分類

眼球結膜にみられる嚢胞性病変としては、結膜上皮が結膜固有層に入り込んで閉鎖腔を形成する封入嚢胞が多く、一般に[結膜嚢胞]というとこれを指します。
図は正常の結膜組織写真で下記から引用
小幡博人: 結膜. In: 後藤浩 & 小幡博人 (Eds): 眼病理アトラス. 総合医学社, 4-5, 2020.

封入嚢胞

封入嚢胞は半球状の隆起性病変としてみられ、迷入した結膜上皮由来の数層の非角化上皮から成る嚢胞壁内に、ケラチンやムチンなどを含む液体が貯留します。
カバーする結膜上皮層との間に癒着がなければ、可動性があって硝子棒などで結膜下を移動させることができます。
横井則彦: 結膜リンパ管拡張症と結膜嚢胞. あたらしい眼科 33: 1607-1608, 2016.
下図の2枚の写真は同一症例で、結膜下を嚢胞が移動しました。

広義の結膜嚢胞

見た目が類似するものの、嚢胞壁の起源が異なる結膜隆起病変として、封入嚢胞以外に貯留嚢胞リンパ嚢胞があり、これらを合わせて[結膜嚢胞]と呼ぶこともあります。

貯留嚢胞

結膜貯留嚢胞は主に副涙腺の排出導管の閉塞で涙液が貯留するものです。
したがって嚢胞壁は結膜上皮ではなく涙腺の導管上皮です。
副涙腺のうちクラウゼ腺は結膜円蓋部、ウォルフリング腺は眼瞼結膜の瞼板縁付近に存在し、いずれも導管は結膜嚢に開口します。
そのため貯留嚢胞は結膜円蓋部に多く見られ可動性はありません。

江口功一: 結膜嚢胞. In: 大島浩一 & 後藤浩 (Eds): 知っておきたい眼腫瘍診療(眼科臨床エキスパート). 医学書院, 東京, 259-261, 2015.

リンパ嚢胞

結膜固有層にはリンパ管があり、これが拡張するとlymphangiectasia(リンパ管拡張症)と呼ばれ、数珠状の透明構造として観察されます。
これは結膜弛緩症https://meisha.info/archives/2212の病理組織中に見られ、その原因としても重要です。
Watanabe A et al: Clinicopathologic study of conjunctivochalasis. Cornea 23: 294-298, 2004.
リンパ嚢胞はこれが単発性に拡張したもので、嚢胞壁はリンパ管の内皮細胞から成ります。