• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

黄斑浮腫と視力

眼底出血の代表の網膜静脈閉塞症は、出血ではなく黄斑浮腫のために視力が低下することを前回説明しました。https://meisha.info/archives/552
網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)では、図上段の右のOCT像のように黄斑浮腫がみられると矯正視力は低下します(この例では0.3)。
しかし下段の目では網膜出血はみられるものの黄斑浮腫がないので矯正視力は1.0と正常です。

黄斑浮腫の程度

視力に影響する黄斑浮腫の程度は、中心窩での網膜の厚み(中心窩網膜厚)で評価します。
黄斑浮腫で中心窩陥凹が消失する場合はタテ方向のOCT画像で網膜最内層の高反射を示す神経線維層(NFL)をまず確認します。
上下のNFLは中心窩で途切れるのでその上下の断端(図の下向き矢印)の中点での網膜色素上皮(RPE)からの垂直距離をOCTのキャリパーで測定します。

中心窩網膜厚と矯正視力

抗VEGF薬の硝子体注射で治療中の網膜静脈閉塞症眼で記録した中心窩網膜厚と矯正視力の経過では、黄斑浮腫の減少に連動して矯正視力はアップします。
図の左縦軸はLogMARの矯正視力なので一番上の0が少数視力の1.0で下方の1が少数視力0.1です。
▼で示すIVBはアバスチン(ルセンティス以前に使用していた抗VEGF薬)の硝子体注射です。

中心窩網膜厚と視力の乖離

上のグラフの5回目のIVBまでは中心窩網膜厚と矯正視力は同期していますが、6回目の注射以後はそうではありません。
また症例によっては中心窩網膜厚が減少しても視力が改善しない例も存在します。
このように黄斑浮腫の変化が視力改善に関連しないケースでの対応とその理由についてはまた別の機会に解説します。