• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

眼瞼下垂の程度

眼瞼下垂は目をあけて見ようとしても、上まぶたが下がって上方の視界が塞がれる状態です。
カーサンバイザーを深く下ろして運転する時のような見え方になります。

眼瞼下垂の害

眼瞼下垂だと何が困るのでしょうか?
まず上方の視野が欠けるため信号を見落として事故を起こすなどの実害を生じる恐れがあります。
重度の場合、赤ちゃんでは視力が発達しない弱視の原因にもなります。
https://meisha.info/archives/515
上から覆いかぶさるような見え方なので、精神的に重苦しく、気分が晴れません。
また右図のように顎を上げて(チンアップ)頭を後ろにそらせがちになるので姿勢が悪くなります。
さらに額にしわが寄り、他人からは眠そうな表情に見られるという外見的な問題もあります。

MRD:眼瞼下垂の程度の評価

眼瞼下垂の原因はさまざまですが、その一部は手術で治療し、その場合、眼瞼下垂の程度の評価が必要になります。
普通に目を開いた状態で、図のA、すなわち上まぶたの下縁と瞳孔の中央との距離を測定し、これをミリ単位で測定します(右のメジャーからこの図では2ミリです)。
これをMRD(margin reflex distance)あるいはMRD1と呼び、正常では3ミリ以上あります(正常値に関しては諸説あり、若年者で2.5から3.5ミリ以上です)。
瞳孔の中央はフラッシュを光らせて撮影した写真の白い反射の点でわかります。
瞳孔が隠れる状態ではマイナスになります。

図のBに示す上まぶたと下まぶたの間の距離は、下眼瞼外反など下まぶたが下がるの状態では大きくなり、眼瞼下垂が過少評価されてしまいます。