• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

ニセの複視を見分ける

複視は両目で見て2つ

複視は、両目で見るとものがズレて2つに見える症状です。
両目の視線が見ている相手の顔の位置で一致しないことが主な原因です。
(回旋複視は例外)
そのため左右の目に映る像が左右あるいは上下にズレたり、あるいは片方が傾いたりして合致しません。
それぞれ水平複視、上下複視、回旋複視と呼ばれます。
水平複視には同側性複視と交叉性複視があります。
同側性複視は外転神経麻痺でみられ、右の像は右目の網膜に映る像です。
交叉性複視は内直筋を支配する動眼神経の麻痺でみられ、右の像は左目の網膜像です。

片目でも2つというニセの複視

ところが高齢の患者さんは老視や白内障であっても、文字がダブって見えるので[ものが二つにみえる]と訴えます。
これは複視ではなく[ボヤケ]や[霧視]で、片目で見ても起こる症状です。
真の複視では片目を隠すと症状は消えます。
片目で見るとひとつだが、両目で見ると2つ見えるのが複視です。

他科依頼の複視の多くはニセの複視

大学病院の眼科外来には、内科病棟の研修医の先生から、目の症状を訴える患者さんの診察依頼がよくあります。
[患者さんが複視を訴えるので診察をお願いします]という他科依頼の多くは片目を隠しても症状のあるニセの複視です。
老視のために文字がにじんで見える患者さんの[字がダブって見える]という訴えを研修医が複視だと誤診するためです。

複視は片目を隠して見分ける


真の複視とニセの複視の鑑別は簡単です。
実際に医師自身あるいは患者さんの手で、患者さんの片方の目を隠して、症状が消えれば真の複視です。
そうでなければニセの複視です。
さらに片目を隠して症状が消える[真の複視]であれば、それが、同側性複視、交叉性複視、上下複視、回旋複視のいずれであるか、複視の種類を記載して眼科への診察依頼をできるようになってほしいものです。
以上の内容は下記の綜説論文や一般向け書籍にも記載しました。

文献

  • 飯島裕幸 (2018) 主訴からみた診断の進め方 複視。眼科、60(10): 1033.
  • 飯島裕幸 (2020) これで納得 目の検査、幻冬舎、