• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

マドックスMaddoxダブルロッドテスト

複視には同側性交叉性水平複視と垂直方向にズレる上下複視以外に、回旋複視https://meisha.info/archives/1756があります。

左右眼に映る景色がそれぞれ図のようにズレて重なるのでとても不快です。
実際には3種類の複視が複合して生じることが少なくありません。

患者さんから症状を聴取する際に、私は壁の時計がどのようにズレて見えるか尋ねます。
しかし左右眼の像が図のように見えた場合、右目の像が右でやや上方にずれていることは答えますが、反時計回りに回転していることまで答えてくれる患者さんはあまりいません。

左右あるいは上下のズレの認識は比較的容易ですが、回旋ズレには気づきにくいようです。
ちなみに上の図の複視は右眼の外転不全による同側性複視で、L/R(右下斜視)かつ右眼の外方回旋偏位の場合の複視です。
複視の像は視線の向きと逆方向https://meisha.info/archives/365の原理で考えれば、眼位ズレの方向を理解できます。
さて回旋複視の有無と程度を調べるには赤と白のマドックス杆を使うマドックスダブルロッドテストが便利です。

マドックス杆

マドックス杆は細い円柱のガラスが平行に並んだもので、検眼枠にセットして遠くの光源を観察すると、杆のスジに垂直な方向の光の線が見えます。

マドックスダブルロッドテスト

右目に赤、左目に白のマドックス杆を装着して見るとそれぞれ白と赤の線条が見えます。
2本が重なるか、あるいは水平、垂直にズレても平行であれば回旋複視はありません。(図の左欄
回旋複視の場合は平行ではなくどちらかが傾きます。
像が内方回旋の傾き(赤の右目像が左下がり、あるいは白の左目像が右下がり)であれば、どちらかあるいは両目が外方回旋偏位しています(図の中央)。
像が外方回旋の傾きであれば、どちらかあるいは両目が内方回旋偏位しています(図の右欄)。

線だけが見えて背景の景色が見えないので判断は容易です。
線が平行でない場合は平行になるまでマドックス杆を回転させます。
その際の回転角度が回旋斜視角になります。
山田裕子: Maddox杆ダブルロッドテスト. In: 根木昭 (Eds): 眼科検査ガイド 第2版. 文光堂, 160-161, 2016.
しかし1度刻みでの読み取りは困難なので、正確にはシノプトの眼位検査https://meisha.info/archives/1756の値を利用することになります。