• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

ミドリンPアレルギー

散瞳検査にはミドリンP、ミドリンM、ネオシネジン、サイプレジンなどの点眼薬が使用されますが、このうちミドリンPが最も一般的です。
ミドリンP点眼液は一般名:トロピカミド・フェニレフリン塩酸塩液の先発品の商品名で、後発品の商品名としては、ミドレフリンP点眼液、オフミック点眼液、サンドールP点眼液などがあります。
ミドリンP点眼後に痒みの症状を訴え、結膜の充血浮腫や眼瞼の発赤腫脹などがみられる場合、ミドリンPアレルギーと診断されます。

ミドリンPの成分

ミドリンPには以下の2種類の薬剤がともに0.5%の濃度(5mg/ml)で含まれています。
トロピカミド副交感神経をブロックすることで瞳孔括約筋https://meisha.info/archives/452を一時的に麻痺させます。
フェニレフリン交感神経α1受容体を刺激することで瞳孔散大筋https://meisha.info/archives/2939を収縮させます。
さらにホウ酸、イプシロン-アミノカプロン酸、クロ ロブタノール、塩化ベンザルコニウムなどが添加剤として含まれます。

ミドリンPアレルギーのアレルゲン

ミドリンPに含まれる0.5%よりも高濃度の10%塩酸フェニレフリン単剤の点眼薬による眼瞼の接触性皮膚炎の報告は皮膚科領域で多く報告されています。
Madsen JT, Andersen KE: Phenylephrine is a frequent cause of periorbital allergic contact dermatitis. Contact Dermatitis 73:64-5.2015
このことからミドリンPアレルギーを引き起こすアレルゲンはフェニレフリンと考えられます。
したがって、ミドリンPアレルギーの既往のある患者さんの次回の散瞳には、塩酸フェニレフリンではなく、フェニレフリンを含まないミドリンMを使用することになります。
多数例で調査した報告によると、ミドリンPアレルギーの発症は点眼回数が増加する高齢者に多いとされています。
武井一夫ほか: 散瞳剤点眼による外眼部炎の発症頻度.. 眼臨紀 9:563-7.2016
その理由として発症には多数回の点眼による感作の必要性が疑われています。

症例

眼底検査を受けた88歳の女性が、翌日から両眼の結膜充血と浮腫がみられ、1週間たってもおさまらないとして受診しました。

病歴の記載では1年前にも散瞳検査を受けていましたがその際は異常なしとのことです。
眼脂も少しあるというので眼脂培養も提出し、抗菌剤点眼とフルメトロン点眼を処方したところ、1週間後にはおさまっていました。
眼脂培養結果は陰性でした。