• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

眼瞼下垂の検査:挙筋機能とBell現象

眼瞼下垂の主な原因は、[動眼神経-眼瞼挙筋-挙筋腱膜]、または[交感神経-ミュラー筋]の経路のどこかにあります。

このうち眼瞼挙筋-挙筋腱膜が関係する加齢性や先天性の眼瞼下垂の手術では、MRD:https://meisha.info/archives/672
で測定する眼瞼下垂の程度だけでなく、眼瞼挙筋の収縮力の評価が重要です。

挙筋機能

挙筋機能、すなわち眼瞼挙筋の収縮力は、下方視の状態から上方視した時に、上まぶた下縁が移動する距離で評価します。

具体的には図左のように下方視のまぶた下縁の位置にメジャーのゼロ目盛りを固定します(赤の点線の位置)。
次に右のように上方視をしてもらい、まぶた下縁が動いた距離(赤矢印)をミリ単位で測定します。
その際、メジャーが動かないよう注意するとともに、眉毛部分の皮膚を下の骨に押し当てて、前頭筋の力がまぶたに及ばないようにします。

挙筋機能が10ミリ以上あれは正常な眼瞼挙筋の収縮力があると判断されます。
加齢性の眼瞼下垂などに対する挙筋短縮術では、挙筋機能を参考にして短縮量を決めることがあります。
眼瞼挙筋が線維化して収縮力が低下している先天眼瞼下垂のうち、4ミリ未満の挙筋機能不良例に対しては通常、前頭筋吊り上げ術が選択されます。

Bell現象

多くの人ではまぶたを閉じると眼球が上転します。これはBell現象と呼ばれます。
眼瞼下垂の手術が効きすぎて睡眠中に薄目が開いていても、Bell現象のおかげで、通常は下方の結膜が露出するのみで、角膜が乾燥して障害されることはありません。
しかしBell現象が陰性、すなわち閉瞼しても眼球が上転しない患者さんが少数います(図の陰性例は逆に眼球が下転していて少し特殊例かもしれません)。
その場合、眼瞼下垂の手術が過矯正になると、睡眠中は薄目を開く軽い兎眼状態となり角膜が露出乾燥するため、角膜潰瘍などの重篤な合併症の危険性が増します。
そこで手術前にBell現象を検査し、陰性の場合は手術は控えめに行うのが無難です。