• 眼科通院中の患者さんや眼科医向けの役立ち情報

カタル性角膜潰瘍と眼瞼炎

カタル性角膜潰瘍https://meisha.info/archives/649
は角膜周辺の浸潤性病変でブドウ球菌性前部眼瞼炎
https://meisha.info/archives/703
に伴って生じます。

角膜と眼瞼縁が接触する2, 4, 8, 10時の位置にみられやすく、円周方向に弧状に拡がりやすい特徴があります。
病変は白色浸潤病変で角膜輪部との間に透明帯が存在し、楕円形あるいは複数の数珠状を示し、輪部周囲には毛様充血がみられます。
時間の経過とともにフルオレセインナトリウムで染色される上皮欠損を生じ、眼痛を訴えるようになります。

カタル性角膜潰瘍の病態

病気の本態は眼瞼炎から持ち込まれたブドウ球菌の細胞壁抗原であるプロテインAを抗原とするⅢ型アレルギーあるいはⅣ型アレルギー反応と考えられています。

横井則彦. カタル性角膜潰瘍. In: 井上幸次, ed. 眼科診療クォリファイ25 角膜混濁のすべて: 中山書店.124-30. 2014

Ⅲ型アレルギーでの考え方:プロテインAとIgM、補体から成る免疫複合体が周辺部角膜に沈着して好中球の浸潤によって角膜上皮障害をきたす。
Ⅳ型アレルギーでの考え方:Th1細胞によって誘導された細胞障害性T細胞(CTL)によって角膜上皮障害をきたす。

カタル性角膜潰瘍の治療

上記の病態は感染アレルギーと呼ばれ、治療の主体は過剰な免疫反応を抑えるステロイド薬です。
そのため通常、抗菌点眼薬だけではなくフルメトロン(0.1)などのステロイド点眼薬が必要です。
また原因となった眼瞼内のブドウ球菌に対する内服抗菌薬も必要になります。
殺菌的に働くセフトリアキソンやサワシリンなどβラクタム薬、および長期的には静菌的に働くテトラサイクリン系のミノマイシンやマクロライド系のクラリスロマイシンが効果的とされています。